バレー日本代表の藤井さんの進行癌は、IVMで治るかもしれない。

moonkaguya

エセー

672文字

猛毒米国モ催ル奇ヌ形ピ性ラ発ビ癌ル性
猛毒米国レ催ム奇デ形シ性ビ発ル癌
飲んだら死にます。

バレーボール日本代表のの藤井直伸さん、ステージ4の転移癌だそうで。

 

だれも「進行癌とワクチン接種の関係」に触れていないようなので、ちょっとびっくりです。殺人ワクチンの接種者に「非常に進行の早い転移癌が多発している」と諸外国・日本で報告があるので、そろそろ、日本でも顕在化して来ると思っていました。

 

ワクチンによってスパイクタンパクに冒されたリンパ球が、他のリンパ球に攻撃されて滅びてしまう。結果、リンパ球が急激に減少して、癌細胞を退治できなくなる….ほかにもいくつかの機序で、癌細胞が蔓延る環境がワクチンにより整えられる。癌は増え放題。

 

若い人は、細胞分裂が高齢者の3-4倍速い。よって、スパイクタンパクが増える速度もはやい。癌は、1ー2か月という、通常あり得ない速度で全身に広がる。それが「ワクチン癌」の特徴。癌があると分かった時点では既にステージ4。

 

 

 

もう間に合わないかもしれないが、イベルメクチンを投与すれば、悪玉のスパイクタンパクの産生は止まる。若い人の喉頭がんなどでは、投与後、癌が消えたという報告も複数ある。

 

実は、IVMは、様々な癌治療の分野で、大注目を浴びている。ワクチンの害を消してくれるだけではない。癌そのものをも撲滅してくれる可能性を秘めている。

 

 

 

殆どのお医者さんは、ワクチンもスパイク蛋白も知らない。よって、通常の癌治療しかしない。治らない。どなたか、藤井さんを生かしてあげて下さい。ほんの数錠の、安い薬で。

2022年7月16日公開

© 2022 moonkaguya

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"バレー日本代表の藤井さんの進行癌は、IVMで治るかもしれない。"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る