断片

ちりめんじゃこ

408文字

私がこれを記したのは何時だろうか?ふと疑問に思い、あれこれと考えていたが、畢竟としてそれはどうでもいいことに気付いた。この文章が存在しているという事実の強さ故に、その詳細は塵のようなものへと成り下がったからである。

お前は俺を殺す。しかしお前は誰に殺される?

 

白昼夢を見た。私は目の前の親を血まみれのコープスへと変じさせ、自分も醜い蠅となり果てた。窓は目の細かい網戸で、私は逃げることが出来ない。

 

神を信じようと信じまいと、または神の存在性について考えあぐねていようと、お前の精神世界は頼れる存在を待ちわびている。そしてそれは私のに対しても同じこと。

 

メモ帳。久々に開けてみれば、蜘蛛の圧死体が罫線の引かれた紙面上に粘りついていた。そしてその死体の上には、”indelible”の文字が。

 

一番厭な悪夢とは、忌み嫌っている人間・存在を愛しており、そしてそれが夢であることに気づかぬような夢である。

 

依存されることを私は望み、いざされるとそれを嫌う。そして忌避しながら、今度は自分が依存する人間になることを密かに望む。

 

人はそれを嫌い謗るとき、その対象にある種の願望を持つ。

2021年5月28日公開

© 2021 ちりめんじゃこ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"断片"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る