詩十一篇

ちりめんじゃこ

125文字

なんか、ふと思いついたときに書きました。

ところで夢を見れぬまま

衄が掌にこびりつく

消えかけの電球照らす暗冷の床

饅頭食べて火傷

あざらかな景色だが、

青帯の見苦しさ、作品の桎梏

書肆に蹲る猫の毛並みすべすべ

寒乾の空気に伸びるヒレカツの匂い

役所で知る私の素性

椅子が崩れ壊れる

水が滴るがその勢いの緩やかさ

2021年5月28日公開

© 2021 ちりめんじゃこ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"詩十一篇"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る