監理

ちりめんじゃこ

小説

335文字

結構前に書いたやつですね。

自殺を試みるとき、僕はまず世界が自身に何をしたかったのかを考える。しかしいつもその答えは得られない。まず世界が何なのかをとらえることが出来ないから。主体が掴められなければ、何一つそれについて考えても答えは得られない。しかしそれでも頑張って考えていく。そうして確信できないが、恐らくそうであろうという答えに行きつく。やっとのことで答えに行きついたと考えることが出来て、僕は喜び、自殺すら忘れてしまう。一方で、外で雀が鳴きやんでいることに気づかない。自惚れのゆえである。僕はそのまま気づかぬうちに再び淵に立たされており、またいつか同じことを考え悩む。悲しみの輪廻にあり続ける。

それは何故か。世界は自分の監視下にあり、立場がまるっきり逆であることに自分が気づいていないからだ。

2021年7月16日公開

© 2021 ちりめんじゃこ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"監理"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る