若いがゆえに

佐藤宏

692文字

Ben Jonsonの Though I am Young という詩を訳しました。よくわからない箇所もあるので誤訳はなきにしもあらず、といったところです。

若いがゆえにわからない、

死とは何ぞや愛とは何ぞ。

聞けば、いずれも矢を放ち、

心の臓をば射るそうな。

噂によれば

冷たくなれば死ぬように、

熱するほどに愛は傷つく。

どちらも激しきものなれば

身をば滅ぼし、触れるに怖い。

膨れ上がるか墜ちるのか、

道が果てれば稲妻か、さては波頭か。

愛の赤らむ矢柄や剣の

疾く人を刺すその様は、

たいそう冷たい死の手と同じ。

とはいえど、美徳の愛の炎はまた別、

死地の凍える霜を溶かすゆえ。

 

 

 

Though I am young, and cannot tell
    Either what Death or Love is well,
Yet I have heard they both bear darts,
    And both do aim at human hearts.
And then again, I have been told
    Love wounds with heat, as Death with cold;
So that I fear they do but bring
    Extremes to touch, and mean one thing.
As in a ruin we it call
    One thing to be blown up, or fall;
Or to our end like way may have
    By a flash of lightning, or a wave;
So Love’s inflamèd shaft or brand
    May kill as soon as Death’s cold hand;
Except Love’s fires the virtue have
    To fright the frost out of the grave.

 

 

 

 

 

2021年4月14日公開

© 2021 佐藤宏

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

英詩 訳詩

"若いがゆえに"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る