空豆と云う響きは悲しい

 

雨が降る午後に空豆の皮を剥いた

 

四角い箱からは当たり障りの無い
組み合わせの羅列が流れ
通過しては留まりもせず 消え行く
滞る方法が見つからないのだろう
確かに違うはずなのに その他大勢
ザルの中はまだ半分
多数決をすれば 私は負ける

 

柔らかに包まれた空豆を外しながら
追憶を解く

 

君の顔 声 姿 形 色彩
あの時に伏せられた睫毛
繰り出された 答え

 

剥いていたのは どうやら私の殻

 

君の眼には輝きもせず
ただの空豆に見えたのね?

 

ザルにはいっぱいの空豆と
寂しげな空豆の残骸

 

今から 塩茹でにするつもり

 

 

 

2019年11月22日公開

作品集『夕闇通り七番街、店名は「深淵」でス。』第3話 (全7話)

© 2019 七曲カドニウム

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 自由詩

"002 空豆の空"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る