絶滅者 3

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第3話)

hongoumasato

小説

3,896文字

父の身に何が起きたのか?
なぜかそれを「わたし」に知らせようと、異形のモノが再び悪夢に現れる。
異形のモノが「わたし」に流す、父の身に起きた真相。
それは醜悪な社会の縮図だった。

広々とした銀行の頭取室。高価なスーツに身を固めた数名の男達。
「頭取、財務省からの二十兆円の融資ですが……」ネズミのように貧相な副頭取。
「それは話がついてるだろう! 小遣いやったり接待してやったり、挙句、天下り先まで作ってやってるんだ! 散々いい目見させてやってんだ! 貸しは返させる!」
ネズミ副頭取を怒鳴りつける、野蛮な野生ゴリラのような頭取。
「は、はあ。しかし、財務省も低学歴な国民どもからのクレームに、格好だけはつけたいようでして……。形だけでいいから、何人かリストラしろとのことです」
「行員の生首を切るのは構わん。能無しばかりだ。だがな、財務省や裏にいる議員どもの言いなりで実行するのが気にくわん!」
「し、しかし頭取。財務省はリストラを実行しないと、国税庁及び金融庁に査察を入れさせると通告してきました……」ネズミ副頭取の発言に、沸点に達するゴリラ頭取。
「査察だあ! 俺の城に官憲どもを入れるだと! 調子に乗るな、小役人どもめ! 国民も国民だ! あの愚民ども、銀行が潰れたらどれだけの金融危機や経済不安を招くか考えようともせん!」
俯く数名の幹部行員達。誰も、このワンマン経営者かつ藤堂一族の「血が濃い」ゴリラには逆らえないのです。
その時、場違いに冷徹な声が聞こえました。
「頭取、発言してもよろしいでしょうか」
幹部連中の中で最も若い男。キッチリとオールバックされた髪。高い知性を宿した目。
一同がその若者に向ける視線――「何だ、この若造。そもそも、どうしてこの場にいるんだ?」全員の目に宿る、険しく陰鬱な光。
「何だ、言ってみろ」
横柄に促すゴリラ頭取。どうやらこの若者は、ゴリラのお気に入り。
「当行の業績を精査した結果、どのみちリストラは避けられません。ならば今は、千歳一隅の好機。リストラを堂々と行えます。『財務省からの圧力で止むなく』と。組合も騒がないでしょう。まあ、組合は、とうの昔に骨抜きにしてありますが。ですが昨今、内部告発が激増しております。リストラを実施する際には、慎重を期さねばなりません」
この若者の体に、藤堂一族の血は一滴も流れていません。なのに、この若さで幹部。それはこの若者が純粋に優秀だから。感情というものを持たず、精密機械のように業務を遂行する男。それをゴリラは気に入ったのでした。
「なるほど、一理ある」ゴリラ頭取が宙を睨みます。
俯いて舌打ちする幹部達。しかし生意気な若造の発言は、的を射ています。
すると、やられっ放しだった他の幹部が逆襲開始。
「しかし、君。リストラと簡単に言うが、担当行員が、どれだけの精神的苦痛を負うか分かっているのか? 自殺するリストラ担当者までいるんだぞ。それとも何か、君がリストラ担当行員になるのかね?」
脂ぎった中年幹部の嫌味な反撃。
けれど、若きエリート行員は鋭い目から強烈な光を発し、ゴリラを見据えます。完全に無視される中年幹部。
「私に担当させていただけるなら、望外の喜びです。無論、私のような若輩者に陣頭指揮は無理でしょう。ですが、実務面は全て私が行います」
「その『実務』とは何かね?」ネズミ副頭取が、禿げ上がった頭で迎撃。
「リストラ職員のリストアップ、及びその対象行員達への宣告です」
幹部達に起こるどよめき。「通告」ではなく、「宣告」。
ニヤリとするゴリラ。この若者のシビアなクールさを、ゴリラは高く評価しています。だから若者に一族の血が流れていなくても、重宝しているのです。
「よし、それでいくぞ! 陣頭指揮は、お前が執れ」
ゴリラの御指名は、先程ささやかな抵抗を試みた脂ぎった中年幹部。
「私がですかっ?」
「不服か?」ゴリラの全身から漲る殺気。
「とんでもございません! ぜひ、やらせていただきます!」
中年幹部に選択肢などありません。断れば、リストラ・リストの筆頭に自分の名が乗るのは確実だから。ネズミも含めて、自分に矛先が向かなかったことに安堵する他の幹部達。
「心配するな。お前は形だけだ。核は小峰だ」
力強く頷く若手エリート行員・小峰。
「(これで、出世の階段を三段飛ばしから五段飛ばしかな。未だに同族経営の銀行で、無能一族連中の下にはいたくないね。さっさとその椅子を寄越せよ、頭取さん)」
藤堂一族に真っ向から勝負するため、小峰はこの役を買って出たのです。
「よし、ただちに取り掛かれ」ゴリラの傲慢な下命。
「頭取、『リストラチーム』の人選は、私に一任してください。相応しい行員に心当たりが」
「構わん。その『相応しい』って意味が気になるがな」
ゴリラは金歯を見せながら、ニヤッと醜悪な笑みを浮かべました。
小峰が最初にチームに編入した行員――それは田端。

そこで、異形のモノからの「イメージ」が止まりました。
その場に崩れ落ちるわたし。脱力し、朦朧とする意識。
不気味に光る目で、わたしを見下す異形のモノ。
その後、父がどうなったかは容易に想像できます。全行員を憎み、その粗探しばかりをしている田端を、小峰が片腕として起用。その結果、父はリストラ・リストの筆頭に。そして実際にリストラされた……。
父にとって、それがどれ程ショックだったか。
自分を犠牲にして尽くした組織から「否定」されたのです。
あの嵐の日。強風になぶられ、豪雨に叩かれながら、転職雑誌を血眼で読んでいた父。真実を知った今、わたしは父の気持ちを思い、胸が張り裂けそうでした。
ここで、二つの疑問が生まれました。
藤堂一族の人間なのに、なぜ簡単に父は解雇されたのか。
そしてもう一つ。
目の前の異形のモノは、なぜわたしに「イメージ」を見せるのか。
わたしは自分が今、夢の中にいることを自覚しています。けれど「イメージ」は、なぜか真実だと確信できました。夢の中で見た夢ではありません。
「お前の父の真実。それは続く」
異形のモノの唸るような、それでいて全ての感情を殺すような、体と心を内側から恐怖で震わせる声。
ヨロヨロと立ち上がったわたしに、また「イメージ」が流入してきました。その衝撃でわたしは吹き飛ばされ、背中から叩きつけられました。
そんなわたしに関係なく、流れ込む「イメージ」。

リストラ開始から、父にとって地獄が始まりました。
あからさまな左遷。ライバルが減って喜ぶ同僚達からの無視と蔑視。上司達の露骨な迷惑顔。たった一枚の辞令で、手の平を返す周囲の同僚達。脆くも崩れ去る、築き上げた人間関係。
元々、精神的に弱い父。その脳裏に浮かぶ「自殺」の二文字。
そんな父をこの世に繋ぎ止めたもの――それは家族の存在でした。
そして遂に、父が辞表を提出。周囲の行員達から洩れる安堵の溜め息。音無き喝采。
一族の「爆弾」を妻にした父は行員として「聖域」。どれだけ実績を上げても、出世で追いつけなかった存在が、自ら消え、他の行員達は狂喜乱舞。
けれど父は、家族にそれを打ち明けられません。当座の生活は貯金で凌げても、いずれ経済的にも精神的にも、我が家は行き詰ってしまいます。
この不景気で、父が新しい仕事を見つけるのは至難の業。
自分の人生が「否定」され、父は空虚になりました。そして、泥沼へ。
父の脳裏に浮かんだ、接待用のクラブにいた一人のホステス――レナ。
父はその女のことが頭から離れなくなりました。自分には無い生の躍動と「華」を、レナに感じていたから。化粧が上手く、口が達者なだけの小狡賢いだけの女なのに。
父は超一流銀行のバンカー。狡猾な女狐は、自分の上客となると読みました。
夜の世界を生き抜く百戦錬磨の女狐に、ウブな父を虜にするのは容易いこと。
空虚になったからこそ、父の男としての本能が、レナを欲します。
不器用な父は、取り敢えずレナの顔見たさに、クラブに足を向けました。
「まあ、お久しぶりぃ! よく来てくださいました! うれしいわあ!」
父を迎える女狐は、満面のビジネススマイル。ホステスの競争は熾烈です。ただ若いだけ・可愛いだけでは生き残れない、熾烈を極める競争社会。
レナもまた、その修羅場で飯を食っているプロ。財務官僚の接待自粛、父が勤める銀行の大規模リストラも把握していました。
だから父が一人フラリと立ち寄った時点で、レナは父に胡散臭さを感じました。
それでもこの不景気の中、超一流銀行に勤める(リストラまでは見抜けません)男を邪険に扱うのは得策ではないと計算。
男心をくすぐる甘いお喋りと香り。目を悦ばせる卑猥なドレス。女狐の「ビジネス」の時間だけ、父は現実から幻想の世界へ。
そして父のクラブ通いが始まりました。遅くまで酒を飲み、女狐の匂いを服に染み込ませながら。
けれど無職の父の遊行費は、貯金しかありません。オーダーする酒は安物になり、目ざとくそれを嗅ぎつける女狐。
加えて夜の世界に台頭した、新しい主役。しがらみを嫌い、才能と鋭敏な嗅覚でのし上がってきた、若手実業家達。金と若さ、洗練された身のこなし。ホステス達はこぞって新しい主役達に気に入られようと血眼になりました。
ボトルをホステスの望むまま開けさせる若手実業家達と、ビールをグラスで注文するのがやっとの父。レナは、父など初めからいなかったように振る舞いました。
焦った父でしたが、若くて魅力的なライバルに、絶望的な敗北感を感じました。
――金だ。元バンカーだった父が、嫌という程実感した真理。「結局、金を持っている者が最後に笑う」。
軍資金が尽き、父はまた早く我が家に帰宅するようになりました。
けれど社会に溜まるヘドロの泥沼は、誠実な正直者を簡単には解放しません。
そして父は、若い連中を吹き飛ばす程の金を得て、胸を張ってクラブへ。
「ドンペリ抜いてよ」開口一番そう告げる父。目を異常にギラつかせながら。

2019年2月9日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第3話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"絶滅者 3"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る