医者と妖怪。

松野焔楽

小説

6,342文字

主人公の白金勇希は精神科と外科を掛け持ちしている23歳の医師。自分の患者であり、親友の2人を殺人鬼に殺され、今日は2人が死んで3年後の命日。墓参りを終えた帰り、神社の境内で勇希は三尾の狐ルタとカラス天狗ラゴと出会う。ルタとラゴは死んだ親友2人に何処か似ていた。そんな妖怪との出会いから1ヶ月の間に、勇希に起こった奇跡の物語。
(現在未完成です。)

登場人物

白金勇希(しろがねゆうき)
主人公。23歳の精神科と外科を掛け持ちする医師。好きな食べ物は炒飯とビール。現実主義で融通が効かない。ただ、怪我した人や困っている人を放っておけない優しい性格。殺人鬼に襲われた親友2人を救えなかった自分を責め、自傷行為をするようになる。

斎藤龍大(さいとうりゅうた)
故人。盲目の青年。勇希の患者であり、親友。勇希より1歳年上。好きな食べ物はみたらし団子と自分で淹れた抹茶。頭が良く、子供達に勉強を教えていた。いつも寂しそうに微笑む温厚な性格。3年前、病院を襲った殺人鬼に首を切られ、出血多量で死亡。

不知火樹流(しらぬいたつる)
故人。震災孤児。勇希の患者であり、親友。勇希より5歳年下。好きな食べ物はキツネうどんとコーヒー牛乳。他人との付き合いが苦手。気に入らない事があると「燃やしてやる」と脅す。3年前、殺された龍大の仇を取ろうとしたが返り討ちに遭い、死亡。

ラゴ(カラス天狗)
龍大の転生した姿。慎重で用心深い。古風な口調。水と風、寒冷、闇を司る天狗の神様。好きな食べ物は団子全般。自由自在に飛翔して、神通力を使う事が出来る。また、乾いた土地に雨を降らせたり、風を吹かせたりするのが仕事。カラスの面を被っている。

ルタ(三尾の狐)
樹流の転生した姿。軽率でいい加減。江戸っ子口調。炎と大地、温暖、光を司る狐の神様。好きな食べ物はタコ焼き。他人の過去と未来、意思を見通す事が出来る。また、雨続きの土地に晴れをもたらし、豊作を手助けするのが仕事。狐の面を被っている。

2019年1月28日公開

© 2019 松野焔楽

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

BL

"医者と妖怪。"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る