ロシアを中心に世界情勢が混乱の中にあるが、皆さんはいかがお過ごしだろうか。世界が壊れつつある中、はめにゅーを読みながら、文化・文学がかろうじてつなぎとめている世界について考えたい。

さて、3月に「はめにゅー」で公開された記事の中から、人気の高かった記事をおさらいする。忙しくて毎日は「はめにゅー」をチェックできないという人も、この機会に話題の文学ニュースをまとめて確認しておこう。3月はどのような文学ニュースが読まれたのだろうか?

10位~4位

10位

【訃報】作家の西村京太郎が死去  91歳

Juan.B Juan.B

作家の西村京太郎が、3月3日午後5時5分に神奈川県内の病院で死去した。

 

9位

いんちき番長・加藤アングラ『いんちきおもちゃ大図鑑4』がパブリブより4月に発売

Juan.B Juan.B

いんちき番長・加藤アングラ『いんちきおもちゃ大図鑑4』が、この度パブリブより発売される。どこかであきらかに見たことのあるキャラクターたちが、大変なことになっている。

 

8位

札幌大学ロシア文化センターによるロシア文学のパネル展示会が延期 大学側の反対で

Juan.B Juan.B

3月11日から展示される予定だった、札幌大学ロシア文化センターによるロシア文学関連のパネル展示が延期となった。

 

7位

万城目学、書き下ろし短編を大阪メトロ5駅で無料配布

松尾模糊 松尾模糊

万城目学が大阪メトロで書き下ろしオリジナル連作短編小説『みをつくし戦隊メトレンジャー 』全5話を無料配布。

 

6位

【快挙!】「東京荒野28号」に牧野楠葉と多宇加世の作品が掲載 3月7日発売

Juan.B Juan.B

季刊誌「東京荒野28号」に牧野楠葉と多宇加世の作品が掲載された。

 

5位

『プルーストと美術』展が日仏会館で開催中

松尾模糊 松尾模糊

仏小説家マルセル・プルーストと関連深い美術作品や彼の原稿などを鑑賞できる展覧会『プルーストと美術』を開催中である日仏会館を訪れた。

 

4位

目次だけで見る文芸誌2022年4月号

松尾模糊 松尾模糊

今月発売された文芸誌4誌の目次をざっと確認して、誰が何を書いているかを確認する定点観測記事。どれを読めば良いかの指針にどうぞ。

 

3月からは、松尾模糊がはめにゅーの執筆陣に加わった。より幅広くニュースを伝えられるようはめにゅーも精進していきたい。

 

3位

ボブ・ディランが新刊『The Philosophy of Modern Song』の発売を発表 11月発売

Juan.B Juan.B

歌手でノーベル文学賞受賞者のボブ・ディランが、新刊『The Philosophy of Modern Song』を11月に発売することを明らかにした。

ノーベル文学賞受賞者ボブ・ディランの新著に注目が集まっている。

 

2位

【快挙!】佐川恭一さんの小説集『アドルムコ会全史』が「代わりに読む人」より発売 4月15日

Juan.B Juan.B

佐川恭一の小説集『アドルムコ会全史』が、「代わりに読む人」より4月15日に発売される。先行販売の予定もある。

佐川恭一の小説集『ァドルムコ会全史』は、既にSNS上で大きな反響となっている。刊行を楽しみに待ちたい。

 

1位

破滅派から佐川恭一&斧田小夜の単行本が6月出版決定!

高橋文樹 高橋文樹

破滅派が擁する実力派作家佐川恭一と斧田小夜の単行本が2022年6月中旬に販売されることが決定した。タイトルはまだ未定だが、佐川は自身の集大成となる長編、斧田はSF短編集を予定している。

そして、破滅派にも新たな動きがある。佐川恭一と斧田小夜の作品集が6月に刊行される。期待は尽きない。

 

3月のニュースは如何だっただろうか。健康に気を付けて、今月のはめにゅーも乞うご期待である。