ドラえもんの意義

GLASS

エセー

379文字

何のためにドラえもんは生まれたのか。スネ夫とドラえもんのスペシャル対談。 

ドラえもんは大嫌い!

スネ夫君そんなこと言わないでよ。

どうして僕が嫌いなの?

ドラえもんのすべてが嫌い!

どうして?どうして突然そうなったの?

僕が何かした?

スネ夫君のやりたいことを叶えてあげるよ。何でも言って。僕はドラえもんだもん。すべての夢を何でも叶えてあげるよ。

ドラえもんはどうして生まれたの?

それを教えてよ。

それが叶えて欲しいこと?

そうだよ!

覚えてないよ。気付いた時には製造されてた。

じゃあ、ロボットなんてたいしたことないね。だって使命を持ってないでしょ。気付いた時にはいるなんて。でも、人間よりは凄いね。心を持つって痛いことなんだよ。重いこと。

つまり、ロボットの方が優れてるってことだよ。

だからだね。これからロボットの時代になってゆくっていうのは正しいことだと思うよ。

優れてる方が主役になる。当たり前だよね。ロボットって偉大だなー。

 

 

2020年5月29日公開

© 2020 GLASS

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

サスペンス

"ドラえもんの意義"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る