Adan #71

Adan(第71話)

e.s.

小説

918文字

ワタキミ的アイスバーグ作戦〈19〉

ワタキミちゃんに目をやると彼女は手のひらを上にして指を動かすジェスチャーをカラムさんにむかってやっていた。僕にはワタキミちゃんのその“COME ON!”ってジェスチャーがカラムさんに対してやっているというよりも「世界」に対してやってるように見えたなあ。

 

カラムさんはワタキミちゃんに(というより世界にむかって?)銀色の前歯を見せたあと客席を見渡していた。で、ややあってカラムさんはこっちを指さしてさ――うん、つまり僕を指さしてこんな発言をしたんだリズムにのって。音符なしで書くね♪

 

「あそこにいるスーツめがねチビぶさいく太っちょを見ろ。あいつはこの小娘のマネージャーだ、マネージャー! ヘイ小娘、バレないとでも思ったのか。今から防空壕に走ってももうおそいぜ。聞いてくれ兄弟、あの太っちょは荻堂亜加利の息子だ。そう、アメリカと寝た女、全身整形クソババアの息子! あのクソババアのインスタ見てみろ。あそこにいる太っちょ小僧がたびたび登場してるぜ。荻堂亜加利を知らないやついないよな? 『男が戦争しなくなったらそれこそ男の存在意義はない』とイギリスBBC放送で戦争賛成を世界に堂々と宣言した女であり、アメリカ同時多発テロと東日本大震災の義援金が666円だった天下に名だたる不労所得者、それが荻堂亜加利だ。いや金額が少ないことを責めてるわけじゃないんだぜ。義援金だぞ。義援金が666ってどういう神経してんだ。それからあの息子! あいつもイカれ小僧だ。高級外車を乗りまわし旅行と酒とギャンブル三昧で遊び呆けてるともっぱらの噂だ。そんなやつが! そんなやつがこの小娘のマネージャーをやっている! さあ兄弟たち、この意味が分かるか? 荻堂亜加利の息子が基地反対を訴えてるこの小娘のマネジメントをしている、この意味が!」

 

君は不思議に思うかもしれないけどさ、僕はカラムさんのファンになった。こんな大勢の人のまえで僕のママがクレイジーだと委細かまわずそう弁じてくれて僕は喜ばしいかぎりだったんだ。スカッとしたよ。だからね、だから僕は北斗にむかってこう言ったのさ委細かまわず。

 

「彼のCDはどこで買えるのかな、できればサイン入りの」

2021年5月6日公開

作品集『Adan』第71話 (全75話)

© 2021 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #71"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る