岡本尊文とその時代(十九)

岡本尊文とその時代(第19話)

吉田柚葉

小説

839文字

オカケニナッタデンワバンゴウハゲンザイツカワレテオリマセン

電話口での警察の対応はつれなかった。物も盗られていない、危害らしい危害も加えられていないでは、今回の件を事件として扱う事は到底出来かねると云う。其れでも私は、排水溝の縁で微動だにしない水滴を横目に見ながら、今自分が如何に危機的状況にあるかを言葉の限りを尽くして説明した。が、徒労であった。全て鼻で笑われた。終りに私は、川本文雄の顔写真の提供を求めた。しかるにこれも退けられた。

「見せて貰えないと私は、実際には会った事も無い警察職員を一生恨み続ける事になってしまうかもしれない。」

と云う言葉は自分でも蕪雑ぶざつ極まりなくおもわれたが、出てしまった物はもうどう仕様も無い。自棄になって私は更に言葉を続けた。「別に写真をどうかしてやろうと云う魂胆は無いのですよ。ただ、確かめたいだけなのです。」

2019年6月8日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第19話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(十九)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る