#電車はパン

ハギワラシンジ

小説

1,264文字

明日のことを考えてる。みんな座席で寝てる。ふと思う。この人たちは人間な訳だが、実のところ僕が知っている人間は少ない。両親とか友達とか、それくらい。なのに、この人達を人間なんて大枠で捉えていいものなのか。

「あなたはパンですか?」
 僕は顔を上げる。つり革に掴まった男が僕に話しかける。
「あなたはパンですか?」
 周りの乗客のたじろぎが伝わってくる。
 僕は眠い。無視してスマホを取り出していじる。
『なんか電車でやばい人に絡まれてる』
 Tweetした。トゥートもした。
 僕はスマホのブックマークを開く。昨日何かをブクマしてたから。なんだっけ。あれ、さっきまで何を考えてたんだっけ。
「あなたはパンなのですか?」
 男は繰り返す。至極丁寧に、靴屋の店員が足のサイズを確認するように。
『お前はパンなのか、ってずっと言われてる。地下鉄やばいな』
 僕はTweetする。いいね、がついた。RTはまだ。早く来い。
 乗客は慣れたようだ。同じようにスマホを取り出して親指をフリックさせている。
 僕は気になって「電車 パン」で検索してみた。
『電車でやばい人がパンを連呼してる』
『パン職人、有楽町線に現る』
『絡まれてる人かわいそう』
『パン屋、襲撃』
 僕は無表情でほくそえむ。
「あなたがパンではない理由はなんですか」
 男はゆっくりと質問してくる。何だか答えたくなってきたけど、他人に答えたくはない。
「あなたの思考に浮かんでいるのは本当に感情なのでしょうか」
 男は覗き込むように背を屈ませた。
「音楽は音楽で。パンはパン。でも僕やあなたの考えは本当に考えなのでしょうか。実はパンなのでは?その感情は音楽なのでは?」
 疑問符を並べる男はとても楽しそうで、これより面白いことなんてないよ、 と今にも言いそうだった。
「僕は何もかもが疑わしい。そして疑わしい存在が何も解決されず、日々を生きていることに恐怖を覚えるんです」
「僕にとってパンは電車です」
 たまらずに言い返してしまった。頭にあった言葉。
「パンが電車?」
 彼は片眉を吊り上げる。
「おかしいことを言いますね。そんなことあるわけがない」
 僕は顔を上げない。でも前を見る。笑顔で表情を消す。
「電車がパンだったら良いと思いますよ、ええ。いや、もう良いとかではなく。パンで電車なんですよ。あなたには理解できないだろうけど」
「感情はパンのように膨らみ、音楽はパンのように膨らむのに」
「ええ、そうかもしれないけど。ええ、でもね、パンが電車であることの方が自然だと思い、ますよ」
「似つかわしくないのに?」
「何もかも似つかわしく無い方が、何もかも自然だろう?」
 僕はスマホを取り出してpinコードを叩く。早く打ち過ぎて画面が固まる。早く開けよ、twitter。お前は本当に無能だな。
「でも、でも」
「でもじゃない。感情はパンに似ている。音楽はパンと友達だ。でもパンと電車が=で結ばれることは永遠に無い。でもそれが自然なんだ。だからパンは電車なんだ」
『次は麹町』
 電車がアナウンスする。もしかしたらパン屋さんが言ったのかもしれない。それを確かめる術はない。 男は無表情になり、スマホを取り出してフリックして何やらぶつぶつ言っている。そして立ち去った。
 僕は電波の悪い地下鉄でtwitterをやっと開いた。#電車でパン、というハッシュタグを作った。RTされた。
 ページは表示されないのに。

2019年3月29日公開

© 2019 ハギワラシンジ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


2.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア 散文 純文学

"#電車はパン"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る