孤独の最終電車

GLASS

エセー

204文字

死神が駅の公衆便所でしゃべったこと

駅の公衆便所で死神は言う。

「世界は丸い。だが、大きくて狭い。窮屈で、退屈で、しかし、どれだけのびのびしても知り尽くせることがない。疲れたら、ビールを飲めるし、寝たかったら寝れば朝がやって来る。次の日が来れば、普通に暮らすだけの一日が永久に始まる。そのうちに死ぬ。もし、その後があるなら、泣きながら、小説を読むだけの空想世界に入り込むだけ。いつかはそういう日が来る。その日のために今日を生きる。」

ドアが開いた。

2020年3月4日公開

© 2020 GLASS

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"孤独の最終電車"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る