夢の祠で星屑は瞬く。その軌跡。  

GLASS

エセー

252文字

How To Change The World.Look At My Instagram Please. 

太陽の下でゆらゆらと泳ぐ魚は、煌びやかと眩しさを増して宝石のように降り注ぐ。

夢の中で泳ぐ情熱程、浅く刹那く凍える寒い冬の突き刺すような痛みの中で、一人の少年は、太陽を見上げた。

その時、静かに、天使が下りてきた。

その天使は、手を差し出してこう言った。

「踊ろう、最後まで」

最後っていつ?と思った。

今がその時なのか。

はっと気が付いた時、僕はハイエナに食われた。

僕の人生は、ハイエナに喰われるための人生だった。

ただ、夢は本物だった。

サヨナラ。

good bye.

the end.

i love you.

大きく息を吸って・・・

2020年1月23日公開

© 2020 GLASS

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"夢の祠で星屑は瞬く。その軌跡。  "へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る