清掃代

戸森 鈴子

280文字

死んだ後に汚した清掃代が請求されるのかは、知りません

 

 また冬がくるから

 

 何もここから飛び降りなくても
 雪が
 酷く優しくしてくれる季節がくるさ

 

 だって俺ら誰にも迷惑かけたくない
 そんな意志持った
 ワープアで
 清掃代も貯金がないよ

 

 完璧な社会では
 死ぬにも金で

 

 ほら
 だからやめときなよ
 こんな私とあなたでは飛び降りもできないよ

 

 まだ心残りがあるんだろ?

 殺さず生かさず

 あぁ俺もどうでもいいのだが

 

 未来おっかなすぎて

 死にたい俺らは
 死んだ未来も不安だね

 それって死ねないの

 

 多分自然死までまて

 

 だって明日は給料日だから
 清掃代にはあてない

 

2021年1月6日公開

© 2021 戸森 鈴子

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"清掃代"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る