記念すべき初殺人

応募作品

川獺右端

小説

3,920文字

破滅派らしくダークな物を書こうと努力しましたが、なんだか変な物になりました。

僕は殺人鬼です、でも、新人なんで人を殺した事はまだないんだよ。

虫、猫、犬と趣味の虐待解体を順調にステップアップして、今日は記念すべき初殺人を犯そうと思っているんだよ。

やっぱり殺人鬼として生まれたからには週間マーダーケースブックに載るような立派な連続殺人鬼になりたいじゃないですか。

 

今日は春の夜。

夜の匂いのする裏路地であの子を尾行しています。

僕は夜の匂いが大好きなんだなあ。

テンション上がっちゃう。

 

懐にはナイフがあります。

砥石で研いだ鋭いダガーナイフを二本持っているんだよ。

ああ、このダガーを彼女の柔らかいお腹に突き刺したら興奮するだろうなあ。

ちょっとおちんちんが堅くなっちゃいます。

うふふふ。

 

彼女は大学生、文学部かな、ロングでメガネの大人しそうで可愛い子だよ。

一ヶ月前に散歩の途中に見つけて、ああ、殺したいなあと思ったんだ。

それからというもの、ずっと調べに調べて、今日に至るわけ。

殺人鬼たるもの、準備には時間をかけないとね。

いきなり襲いかかるなんて情緒というものが無いでしょ。

 

彼女はここから少し離れたアパートに住んでいるんだ。

毎日規則正しく大学に通い、そして帰って来る。

あまり遊びには行かないタイプみたい。

休日もアパートにこもっているよ。

 

だから夜の帰り道、もう少しして人通りが途絶えたら、グサッと急所を差して即死させて離脱だよ。

本当は拉致して隠れ家で拷問してからゆっくり殺す、というのも理想なんだけど、隠れ家って色々お金がかかるし、難易度が高いから、もうちょっと後だね。

 

殺人って、お巡りさんに見つかってはいけないから意外と大変な趣味なんだよ。

なんといっても記念すべき僕の初殺人だから、慎重に慎重を重ねるぐらいで丁度良いと思うんだ。

とりあえず、後ろから腎臓を刺して即死させないとね。

大声を出されたり、殺しきれなかったら困るよ、お巡りさん来ちゃうからね。

 

お巡りさんは怖いよ。

今は科学捜査だからね、ちょっとした証拠とかでも正体をたぐられてしまう。

だから初殺人は無理をしないで、あっさり即死コースを狙おう。

 

彼女の後を足音を消してつけていく。

やあ、ワクワクするね。

殺人というのは古来から人類が持っている狩猟本能に根ざしていると思うんだよ。

獲物を研究して想像して追跡して仕留めるんだ。

それは真に創造的な作業で人間が文明を築いた今でも輝きを失わない誇り高い行為なんだと思うよ。

みんなみんな、道徳とか理性とかの仮面を外したら、きっとうらから見える顔は狩人なのさ。

 

ああ、高揚する。

あの子が好きだな。

大好きだ、愛していて、僕は彼女を殺して自分の物にしたいんだ。

楽しい楽しい。

 

もうすぐ、彼女は右に曲がって街灯の無い路地に入る。

そこで僕は彼女に追いつき、腎臓を一突き、首を掻き切る。

返り血をあびないように注意しないとね。

本当は何か彼女から切り取って持ち帰りたいけど、我慢我慢。

そういう物を得る時間をかけると必ず何か物証を残しちゃうからね。

トロフィーを貰うのは、もっと後、作業に手慣れてからでしょ。

 

さあ、彼女が右に曲がった、よしよし。

僕も後に続くよ。

 

「はっはっはーっ!! 俺は村田蔵六!! 前科二犯の殺人鬼だ!! 殺害人数二十二人だあっ!!」

「きゃああっ!!」

 

なんだよなんだよっ!!

なんで、角を曲がったら絵に描いたような殺人鬼が現れて、彼女に斧を振りかざしてんのっ?

なんで自己紹介しながら現れてるのっ!!

馬鹿なの? それで二十二人殺せたのっ?

ありえないよっ!! 村田蔵六氏!!

 

村田蔵六氏は斧を振り上げ狂気に満ちた目で彼女を睨み、笑う笑う。

月だけが、この路地の僕を含めた三人を白々と照らしている。

村田蔵六氏は屈強な大男で、腕に力こぶがムリムリ出ていて木こりが持つような大斧をブンブン振り回している。

なんだか凄く危ない感じだっ!!

 

彼女が悲鳴を上げながら、後ずさりをして僕にぶつかった。

 

「きゃ、あ、すみませんっ」

「あ、いえ」

 

こんな時でも謝罪を忘れない彼女は素敵だ、もっと好きになっちゃった。

でも、今は、えーと、えーと?

 

「くわはははっ!! なんだお前はっ! そんな貧弱なもやしのような体で、この俺様の邪魔をしようというのかっ!!」

 

村田蔵六氏は大斧をブンブン振り回す。

彼女はちゃっかり僕の後ろに隠れてスマホでダイヤルをプッシュしている。

まずいぞ、村田蔵六氏! お廻りさん来ちゃうっ!!

 

一瞬、あまりの事態に、逃げちゃおうかなとか思ったんだけど、そうすると村田蔵六氏に彼女が殺されちゃう、それだけは駄目だよ、この子は……

 

「こ、この子は僕の獲物だっ! あ、後から来て横入はずるいぞ、村田蔵六さんっ!!」

「なにいっ!! 貴様も殺人鬼だというのかっ!! 殺人は早い物勝ちであるっ!! それでも文句があると言うならばっ!! 殺人鬼ファイトで勝負だっ!!」

 

なんだって! 殺人鬼ファイトってなんだっ? 週間マーダーズケースブックにはそんな事は載っていなかったぞっ!!

 

「殺人鬼ファイトとはっ! 獲物がバッティングした時の古来よりの殺人鬼の習わしだっ!! お互いの殺人鬼技で戦いっ、相手を殺した者が獲物を取る!! それが殺人鬼ファイトだっ!!」

 

な、なかなかシンプルなルールだなっ!

僕は殺人鬼初心者だから知らなかったよっ!

 

「わ、解った、村田蔵六さんっ!! だが、お廻りさんが来たらどうするっ!!」

「かかか、お廻りさんが来たら逃げる、当然であろうっ! お前のような青二才なぞ、お廻りさんが来る前に瞬殺し、その女の子は俺がもらうっ!!」

「そんな事はさせないぞっ!! 勝負だ、村田蔵六さんっ!!」

 

僕は懐から二本のナイフを出して構える。

 

「その意気や良し!! 行くぞっ、青二才っ!!」

「こいっ、村田蔵六さんっ!!」

 

颶風のように村田蔵六氏は襲いかかってくる。

彼は体重がある。

筋肉が太い。

柄物は大きな斧だ。

 

最初の斬撃を何とかかわし、僕は内懐に入り込む。

僕の振ったナイフの一撃は斧の柄で受けられた。

 

二人同時に後ろに飛び、離れる。

 

「やるなっ! 青二才っ!」

「村田蔵六さんこそっ!」

 

秘術を尽くす。

こんなこともあろうかと本を買って覚えたイタリア式ナイフ術の奥義を、村田蔵六氏に叩き込む。

筋肉ダルマのような彼は素早く僕のナイフをかわしていく。

斧術は的確で、コンパクトに振り、柄を使って牽制してくる。

 

街灯の無い路地は暗い。

僕と村田蔵六氏は互いに殺人鬼なので着ている物が黒い。

視認性が悪い。

 

だが、僕は殺人鬼だ、毎日ブルーベリーを飲んで夜目は鍛えてある。

 

踏み込み、打ち落とし、切り返す。

夜の街に金属音が響き、火花が一瞬辺りを照らす。

 

「もらったーっ!!」

 

足を大きく開いた村田蔵六氏が大上段から斧を振り下ろして来た。

踏み込み足のリズムを盗られた。

タイミング的に避けられない!

僕はナイフを十字に重ねて斧を受けた。

斧は重い。

一枚目のナイフが折れて飛ぶ。

二枚目のナイフで何とか受け止めたが、斧の重量に負けて僕の胸に刃が突き刺さる。

 

めきめきとあばらが折れる音を聞きながら、僕は体をひねり軸足を中心に回転した。

村田蔵六氏の内懐に入り込む。

 

驚愕の表情を浮かべた彼の首をナイフで掻き切った。

 

血が月まで届くように吹き上がる。

 

「みごとだ、青二才……」

「相打ちです……」

「うむ……」

 

二人同時に地面に倒れた。

路地のアスファルトが冷たい。

 

ああ、なんてことだ、僕の記念すべき初殺人が村田蔵六氏だなんて。

なんだか、嫌だなあ。

 

あ、彼女が寄ってきた。

 

「大丈夫ですか……?」

「駄目、致命傷でもうすぐ死んじゃう」

「あ、ありがとうございました……。でも、あなたも私を殺そうとしてたの?」

「うん、ごめんね」

 

彼女は僕の頭を膝に乗せて抱きしめてくれた。

 

「私、弱虫で自分で命を絶つ決心がつかなくて……、誰かに殺されたかったの……」

「そっかー……、殺してあげれなくて、ごめんね」

 

彼女は涙を流した、僕の頬にポタポタと涙が落ちて熱い。

 

「死なないで……」

「死んじゃうし……」

 

遠くからパトカーのサイレンが聞こえてくる。

 

死んじゃうなあ……。

でも、良い匂いの彼女に抱かれて死んで行くのは悪く無いなあ。

ああ、彼女の泣き顔と月が綺麗だなあ。

ああ、さよな……。

 

 

 

と、思ったのだが、お廻りさんの応急処置で、僕は死ななかった。

なんだか、彼女は救急車の中で、ずっと僕の手を握っていてくれたそうだ。

 

病室で、彼女はにこやかにリンゴを剥いてくれている。

 

「いつか、あなたの初殺人の被害者として、私を選んでくださいね」

「そんな事を言っても、僕の初殺人は村田蔵六さんだし」

「あの人も命を取り留めたらしいですよ。これから裁判ですって」

「オーノー」

 

なんだか、彼女は僕の彼女になった。

 

僕は夢想する。

いつか、彼女をロマンチックに殺して、僕の殺人鬼人生を始めるんだって。

それがいつになるか、僕には解らないけどね。

 

(了)

 

 

 

 

2021年1月18日公開

© 2021 川獺右端

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.3 (13件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"記念すべき初殺人"へのコメント 30

  • 投稿者 | 2021-01-18 16:50

    週間マーダーケースブックが懐かしいですね。
    短編なのに
    色々な要素が含まれていてとても楽しめました。
    村田蔵六氏にはまだどこかでお逢いしたいなと思います。
    オチも好きです。
    またの破滅を期待しております。

    • 投稿者 | 2021-01-18 16:52

      ありがとうございます。
      村田蔵六シリーズを書こうかなあ。
      でもあの人殺人鬼だからw

      次の破滅もがんばりますー(^^)

      著者
  • 読者 | 2021-01-18 17:09

    おもしろかったです

    村田蔵六さんも主人公もやっぱり殺人を志す人は一味ちがうなあとおもいました(こなみ)

    • 投稿者 | 2021-01-18 17:47

      ご感想ありがとうございました(^^)

      やっぱり殺人鬼は何か持ってますよね。

      著者
  • ゲスト | 2021-01-20 07:59

    退会したユーザーのコメントは表示されません。
    ※管理者と投稿者には表示されます。

    • 投稿者 | 2021-01-21 13:21

      ご感想ありがとうございました(^^)

      頭がおかしくても純粋だと愛らしいですよね。
      いっちゃってる人は結構好きです。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-21 07:00

    独り言好きそう。三人ともそういう感じというか。なんかまず読んでそう思いました。みんな独り言好きそう。まあ私も好きなんですけど独り言。おまわりさんの応急処置で助かったのは笑いましたね。

    • 投稿者 | 2021-01-21 13:22

      ご感想ありがとうございました(^^)

      なんだか、三人とも誰かを求めてるようで、自分しか見てない感じで、一瞬だけ交わった感じですね。
      あと、おまわりさんは有能なのです。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-23 21:38

    通り魔殺人的な要素を戯画化したような印象を受けました。
    犯す側にはそれなりの動機や理由があったとしても、それを実際にあった出来事として消費する側にとっては日々目にする市井の物語の一変形として映るような。
    どっとしにしても被害者にとってはたまったものじゃありませんが。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:29

      ご感想ありがとうございました(^^)

      殺人鬼ものなのに誰も破滅しないという、なんだか変な物ができまして、書いた方も困惑しております。

      著者
  • 編集者 | 2021-01-23 22:12

    壮大な「初めて」だが、心暖かいヒューマンスケール(?)な終わり方で良かった。やるからには、明るく元気にやりたいものだ。何でも前向きにやれるのは良いことだと思う。これからの二人の幸せな未来を祈りたいと思います。村田氏にもよろしく。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:31

      ご感想ありがとうございました(^^)

      文学要素をあまり持っていませんので、変なコントとなりましたが、明るく書いてたのしかったのでした。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-23 22:18

    初っ端から初々しさ(?)を思わせていたら村田さんの登場でひっくり返されて。
    そこから後何個話が落ちるんだかと面白すぎて圧巻です。
    状況をセリフで説明するところすらなんかウケました。

    追記
    リード文入れるとこあるのでいつものようにどうぞご活用ください。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:33

      ご感想ありがとうございました(^^)

      ありがとうございます。
      初々しい殺人鬼を書こうと思ったのですが、まだ殺犬鬼とか殺猫鬼レベルでございましたな。

      リード文ありがとうございます、次回は使いましょう。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 00:03

    登場人物が揃ってどこか外してるところ、面白く読みました。陰惨な話になるのかと思ったのを良い感じで裏切られました。殺人鬼対決をスケールアップしたらもっと面白くなりそうです。

    村田蔵六って靖国神社で偉そうにしてるあの方ですか?

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:34

      ご感想ありがとうございました(^^)

      ご指摘を受けて、はっとしましたら、大村益次郎先生の旧名でしたね。
      ただの偶然でございます。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 05:18

    村田蔵六氏が登場してからはずっと「なんで村田蔵六?」と思いながら読んでいました。
    書物だのブルーベリーだの小手先の殺人鬼技習得が何故か実になっている荒唐無稽さが他の細かい「嘘」を上手く覆い隠しているなあと感じました。面白かったです。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:36

      ご感想ありがとうございました(^^)

      村田蔵六氏は作者としてもいきなり出てきましたので、なんでかは不明です。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 12:56

    一幕物のコントとして楽しく読めた。ブンガクをやろうと身構えずにのびのび書いているところがいい。全員死なないオチは、作者がいい人すぎなのか、はたまた続編への布石か。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:37

      ご感想ありがとうございました(^^)

      文学の素養が薄いものですからコントっぽくなりましたですね。
      全員生存落ちは、全体を丸める為の物ですね。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 14:04

    村田蔵六の登場で笑いました。扱う内容とは対照に楽しめるところが良いと思います。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:39

      ご感想ありがとうございました(^^)

      村田蔵六氏が出た瞬間に話がなんだか明後日の方向に動き出しました。
      殺人鬼物は難しいですね。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 15:48

    村田蔵六の登場以降「!」が多用に使われ始めて、なんだかその場の空気が変に明るい感じになったなあと思いました。

    • 投稿者 | 2021-01-24 17:40

      ご感想ありがとうございました(^^)

      あそこから異様に筆がはしり、妙な雰囲気になりましたね。
      キンキンといつもの擬音が出そうになりましたが、やめました。

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-24 23:49

    ああ、獲物が斧だからか

    • 投稿者 | 2021-01-25 23:16

      オーノーは偶然であります。

      ご感想ありがとうございました(^^)

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-25 15:57

    主人公のキモい語り口がいい味出してます。最後いい話っぽくまとまってますが、殺人鬼ファイトしてますよね笑 ファイトの決着は裁判所で決するのかな。

    • 投稿者 | 2021-01-25 23:18

      ご感想ありがとうございました(^^)

      陰気な殺人鬼も難なので、なんか妙にほがらかな感じにしてみました。
      あと、初殺人はまだなので大丈夫であります(^^)

      著者
  • 投稿者 | 2021-01-25 17:45

    さすが、ブルーベリーの毎日飲んで夜目、鍛えてるやつぁ違う!
    ノリがどおくまんの漫画みたいで、ちょくわちょくわって感じでした。

    • 投稿者 | 2021-01-25 23:19

      ご感想ありがとうございました(^^)

      おお、どおくまんとは渋いですね。
      ブルーベリーがデマだったと聞いてショックを受けましたです。

      著者
コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る