Adan #63

Adan(第63話)

e.s.

小説

672文字

ワタキミ的アイスバーグ作戦〈11〉

「亜男くん、たしかその日」と田古田さんが言ったんだ。「基地反対派の又吉イエスを偲んだあと基地賛成派の我那覇真子がなはまさこにぐうぜん街で会ってサインもらったんだよね」

 

僕は田古田さんに向かって頷いた。そして僕はふとチャッキーに目をやった。見るとチャッキーはとりつかれたようにスケボーに乗って店内を走り回っていた。したがって僕はそんなチャッキーにとりつかれてしまったスケボーの冥福を祈った。

 

それから僕は利亜夢に目をやった。彼は椅子の上に立って「コギトエルゴスム」というまったくもって理解不能な呪文か何かをくりかえし唱えながら手にしたチュッパチャプスのスティックに結んだ凧糸で氷を釣っていた。利亜夢は昔なつかしい遊戯「氷釣り」をしていたのさ。そうそう、その氷がいっぷう変わっててね。$100札の束を模した氷だったよ。おそらく雑貨屋バラエティストアに売ってるようなユニークなアイストレーでつくった氷さ。

 

利亜夢はその氷にかるく塩をふり、そして凧糸をベンジャミン・フランクリンの口もとにたらしていた。で、その幼いフィッシャーマンはベンジャミン・フランクリンを釣り上げると、マラソンの給水係さながら彼は店内を周回中のチャッキーにそれを与えていた。バカ犬の牙で粉々になるかあるいはほどなくして溶けてなくなるか、いずれにせよ嫌だなと僕はそんなことを思いながらチャッキーに噛み砕かれるベンジャミン・フランクリンを眺めていた。利亜夢がこう言って釣り竿にしたチュッパチャプスのスティックを投げ捨てるまでね。

 

「このお金かんたんに釣れるからつまんない」

2021年1月10日公開

作品集『Adan』第63話 (全66話)

© 2021 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #63"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る