河童

阿部2

小説

614文字

河童みたいな話です

その日、Oは濡れた着物を脱いで熱い石の上で乾かしていた。「裸で川に入ってはいけない」と、両親からよく言い聞かせられていたに違いない、彼女は足の先だけを水に浸してお弁当の包みをあけた。あずきと一緒に炊いたご飯がおにぎりになっている。落とした豆が一粒、彼女の鎖骨のつくるくぼみにあたり、バウンドして消えた。豆の行き先はぼくだけが知ってる。

 

またある日、そのときは快晴ではなかったが、雲がある分かえって水面は空を産湯につけたようになっていた。Oは街路樹からもいできた銀杏の葉を川に流しては追いかけ、また流しては追いかけしていた。葉っぱはみるみる淀みにたまり、つっかえてくるくる回った。Oが帰ったら掃除しよう、とぼくは思った。

 

またある日、精神科から脱走してきたOは、少し風邪をひいているようだった。鼻声の鼻息だけで歌詞のない子守唄を歌っていたかと思えば、川の水で勢いよく鼻をかんでいた。迷い人のお知らせを鳴らす防災無線はひどくビルにこだましてまったく聞き取れなかったが、あれはきっとOのことを探していたに違いない。

 

またある日、Oはお歯黒をべったり塗られていた。Oの町では河童は若い女に憑くがお歯黒を嫌がると信じられている。河童が憑いた女はひどく淫乱になるという。他愛もない噂である。Oはぼくのことを見たこともない。ぼくはOに指一本触れたこともない。

 

またある日、Oは川に来た。ぼくは川にいた。

2019年10月22日公開

© 2019 阿部2

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"河童"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る