赤い月

財津達也

小説

796文字

倦み疲れた「オレ」は「僕」が「私」に見送られる様を、やはり静かに見送るよりほかなかった。

窓から街が見下ろせた。夜明け前の街はうっすらともやに包まれている。この街で一番高いビルの10階に僕の部屋はあった。

ベッドではカノジョがまだ眠っていた。僕は肌寒さを感じて目を覚ました。窓を開け放したまま眠っていたのだ。もうすっかり秋だ。もやの中に沈む街を眺めながら煙草を吸った。

僕は

 

そこまで書いて、手を止めた。カーソルがそこで点滅している。暗い部屋にモニターの明かりが眩しく感じられた。頭が痛かった。目が疲れていた。オレは疲れてしまっていた。何に疲れたのかわからなかった。ただ、オレは疲れていたのだ。

 

ここに文字を打ったのは9月だった。今はもう1月。あれから4カ月もたってしまった。相変わらず必要のないものばかりが増え続けた。本当に必要と思われるものは何一つ得られなかった。

 

失ったものは視力。確実にオレの視力は退化した。あらためて失ったものはそれくらいだ。ほかにはもう何もなさそうだ。

 

憂鬱で眠れない夜には詩のようなものを書いた。

 

 

月を見ていた

赤みがかった月だった

明かりを消した部屋の中

床に寝ころんだまま

窓越しに差し込む冬の月

 

留守番電話から聞こえる再生されたその声は

ここではなかったどこかから

遠く呼びかけるこだまのように

僕の奥の彼方から

かすかに響き合いながら

聞こえてくるようだった

赤みがかった月を見ていた

細くよじれた灰色の雲が

時折それを横切って流れた

僕の奥の彼方へと染み入る赤光は

極めて緩慢な点滅を繰り返し

ここではなかったどこかの記憶のようなものをさえ

よじり切り散らす

 

 

次第に僕は私を離れ

染み入る赤い光の道を

その赤い月に向かうように

ゆっくりと昇天していく

 

 

月を見ていた

私は僕をしずかに送る

2011年3月21日公開

© 2011 財津達也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

病気

"赤い月"へのコメント 2

  • ゲスト | 2011-03-27 10:26

    途中挿入される詩によって物語世界へぐいぐいと引き込まれていきました。
    そしてラストへ向けて昇華される「僕」の心。
    肉体的な死がそのまま心の消滅を表すのではない。
    「僕」にとって赤い月がもたらすものは苦痛か安堵か。
    倦み疲れた日常の中に垣間見える詩的な幻想世界を堪能させていただきました。
    素敵な時間をありがとうございました。

  • ゲスト | 2011-03-27 18:21

    神秘的な赤い月への幻想。僕のこころの深奥にまで月の光がとどいた一瞬ですね。ありがとうございました。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る