エス

水仙

小説

1,998文字

さばらに読んで、むつけき日常。

今日の一日のこと。

 

朝、出勤。

気付けば、私はバス停でバスを待っていた。不思議な事に、朝起きてから、ここまでの記憶が無い。私は確かに、いつものように、起床後、顔を洗いスーツに着替え、家を出て、このバス停留所まで歩いてきた筈である。しかし覚えていない。ははあ、人間の頭は、必要の無い情報は自動的に消去するように出来ているのだな。

 

バスが来たので、乗り込む。バスは今日も閑散としている。

 

となると、私の一日の大半は空白のはずだ。こうして通勤バスに揺られている間のこの自我も、意味は無いのだから空白であっても良さそうなものなのに。

バスが停車した。ここでは沢山の人が乗り込んでくるので、参るのである。終点はもうすぐそこまで来ているのだから、この程度の距離、歩けばいいのに。

それにしても人が、次々乗り込んでくる。どこまで乗る気だろう。既に、車内は入り口までぎゅうぎゅう詰めである。それでも押し合いへし合いしながら、人は無理にでもバスに乗ろうとしている。その異様な光景が、段々面白くなってきた。ふいに、入り口のドアが強行的に閉められ、ぎゃっという情けない悲鳴が上がった。私は愉快で堪らなく、押し殺した甲高い声を上げながらしばらく笑い続けた。

気付けば、私は電車の中にいた。

つり革につかまりながら、ガラスに映る自分の顔をしげしげと見つめていた。

視線を落とすと、目の前に、中年の男性が座っている。とても苦しそうな表情をしている。必死に、何かに耐えているような顔。何に、耐えているのだろう。何が、苦しいのだろう。

誰も、気付いていない。この男性はこんなに苦しそうな表情をしているのに、その事に気付いているのは、私だけ。少し、おかしい。

ふと、ガラスの自分の顔を見ると、私もまた同じように苦しい顔をしていた。

 

夕方、帰り道。

気付けば、私は片手に鯛焼きを持っていた。駅前で、買ってきたのであろう。最近のお気に入りが、鯛焼きだ。私は甘いものが大好き。

どこか落ち着いた場所で食べたいと思い、公園に寄る事にした。しかしそこにはベンチどころか遊具一つ無かったので、私はそのだだっ広い公園の真ん中へ歩いて行き、立ったまま鯛焼きを一口食べた。

ふと、鯛焼きが生き物に見えた。何故、鯛の形にして焼いてあるのだろう。とても趣味の悪い食べ物だ。鯛に対する悪意すら感じられる。もう一口食べて、このアンコが、内臓、と考えるとグロテスクで気持ち悪くなり、堪らずおえっと吐き出してしまった。

地面に落ちた黒と茶色の塊に、ごめんなさい、ごめんなさい。頭を欠いた鯛焼きさんに、謝った。

 

夕暮れ、帰宅。

気付けば、私は玄関で靴を脱いでいた。スーツも脱ぎ、部屋着に着替えるや否や、私はすぐにベッドへ倒れ込む。疲れるような事は何もしていない筈なのだが、家に帰ると何故か私はくたくたに疲れ果てており、何もする気力が無いのである。そのまま、眠るでもなく起きるでもなく、ただ黙って静かに過ごす。宙ぶらりんな自我。

私は横たわりながら、部屋の窓を見る。開け放たれた窓の外から、大きくて黒い虫が部屋の中に入り込んでくるような、そんな気がする。とても大きい、人間の子供くらいの大きさの巨大な虫が、黒々とした羽を小刻みに動かしながら、ぶぶぶぶぶ、と低い音立てて入ってくるかもしれない。そしたら、とても怖いし、困る。私は、虫が大嫌いだ。

布団を頭から被って、別の事を考えるようにした。ただ、性的な事を。

 

夜、外出。

気付けば、私は家を出て夜の街を歩いていた。体がだるくて、頭がぼーっとする。

性欲があるから、私は生活できるのだ、と自覚した。それが一時的に解消された今は、もぬけの殻。何にも、無い気がする。

 

ふらふらとした足取りで私はファーストフード店に入った。店内は割りと混雑しており、話し声や奇声が絶えず、騒然としていた。

ぎとぎとのフライドポテトは、一口食べて、美味しかった。二口食べて、不味かった。

食べ終えて、タバコに火を着けて一口吸ってから、灰皿がテーブルの上に無い事に気が付いた。飲みかけのコーラに灰を落とす。皿でもコップでも、そこに灰を落としてしまえばそれは灰皿になる。

それにしても、ここに居る客は、何故ここに居るのだろう。食べ終えたら帰ればいいのに。帰るべき場所が、無いのだろうか。私の帰るべき場所は、どこだろう。

 

視線を上げると、空中に人の顔が浮かんでいた。見覚えがあるような気がしたが、誰だか思い出せない。どうにかして思い出そうとしたが、出てこない。虚無な気持ち。

 

近くのテーブルで、二人の女子学生が向かい合って勉強をしている。

会話が、聞こえる。

「ポジティブは?」「プラス」「ネガティブは?」「マイナス」

2010年9月7日公開

© 2010 水仙

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

日常

"エス"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る