陰リ日

浮浪霊

小説

728文字

一昨日の金曜日、役場前広場の古傷がとうとう裂けて血を吐いたという。
それが僕らにはとても信じられなくて、隣の静紀ちゃんと申し合わすと(っていうか静紀ちゃんにそそのかされて)、自分たちの眼で確かめようと両親の厳重外出禁止令を振り切った。

町バスはもう走ってなくて、僕らは町の中心へ続く人気の無い大通りをひたすら急ぐ。
休校続きの学校の三倍も遠いそこへ、くたくたになってたどり着き、問題のそれを見て僕らは立ちすくみ、広場にだらし無く開いた巨大な口を声も無く見詰めた。

大人たちがあんなに必死に塞ごうとしてたのに。

張り巡らされた立入禁止の警告帯をくぐり抜けた先、裂けた傷口は腐って、生臭い死臭を立ち上らせている。

らしくなく無口だった静紀ちゃんは、その傷を見て遂に完全に黙ってしまった。僕は逆に恐ろしくなって喋りまくったが、彼女は強張った顔で裂け目を見詰めるばかり。
ちぎれるような音と臭いに恐れをなし逃げよう帰ろうと提案しても、静紀ちゃんは、動かない。

僕らは間もなく僕の両親に捕まった。

もうずっと以前から、様子が怪しかった。此処ももう駄目だ・・・ 父さんの声は震えていた。僕らの肩を掴んで、車に連れ込む。

父さんと母さんは僕らを叱ろうともせず、終始ただ陰鬱に黙りこくっていた。帰りに僕らは静紀ちゃんの家に寄り、そこでは静紀ちゃんのお父さんとお母さんが待っていた。
母さんは僕らがちゃんとお別れをすることにこだわって、それは僕をかえって不安にさせる。
また会えるよね、さよならを言わされた別れ際囁いても、静紀ちゃんは俯いて答えなかった。

車が、発進してしまう。

雨が降ったら、いや降る前に町を出なければ。そんな話を、帰りの車中、父さんと母さんはしていた。

2012年10月28日公開

© 2012 浮浪霊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"陰リ日"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る