&&&&&-1

小説

341文字

消費されてしまったカケラのミックステープ

 視界がぼやけていた。ドンキで買ってきたウィスキーをグラスに注ぎ、ソーダで割る。もう何杯目かは分からない。多分、私は今酔っている。クラクラだ。だけどもう一人の私は全く平常で何も取り乱したりしていない。後ろに立ってじっと見つめてる。あなたはいつもそうだ。シラフを決めている。
 裸足でベランダに出ると冷たすぎてすぐ部屋に戻った。椅子に座って、机の上に散らばっている紙を燃やして砂漠に行きたいな、とか思った。
 水を飲んでシャワーを浴びると少し楽になった。鏡は曇ってて私はのっぺらぼうになってた。浴室から出て体を拭いて寝巻きに着替える。台所で味のしない炭酸水を飲み干す。
 紐を引っ張って照明を、オレンジ色の薄暗いのにした。だけど明るさはたいして変わらない。気がつくともう朝になってた。照明は消した。

2021年2月21日公開

© 2021

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

&&&&&

"&&&&&-1"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る