本能

鉄分不足の梟

326文字

意味のあることを言葉を生命を私を、

意味のあることを言葉を生命を私を

いつも求めるそれは、強欲で、自分勝手な哺乳類。

どうせなら誰かの中に、君の中に見つけたくて、いつも失敗してる。

 

 

あいたいよ

うまく説明できなくてもどかしくて

意味は理由を越えて行ったけど、

紡いだそれには何一つ嘘なんか混じってないんだ

 

 

蛍光灯にはわらわらと虫が集まる

太陽にはわらわらと人間が集まる

 

 

月は君をゆっくりと照らしてる

 

ごめん

優しい臆病な君

ごめん

愛しい間違いの夢

 

 

ごめん

揺れた朝顔の露を舐めて

もう二度と振り返らないで

 

 

もう二度と振り返らないで

2011年3月21日公開

© 2011 鉄分不足の梟

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

恋愛 青春

"本能"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る