Adan #27

Adan(第27話)

e.s.

小説

2,608文字

渚のアストロロジー〈2〉

僕はしばらくきょとんとした顔をして黙っていたかもしれない。織姫が閉じ鉤括弧をつけたあと、彦星の僕(言わせてくれ!)が次のような短い自己紹介をするまでに少し時間がかかったように思う。

 

「亜鉛の亜におとこと書いて亜男です。何の術師でもありません。よろしく」

 

うん、もちろんさ。もちろん僕は一目見た瞬間から渚ちゃんに心を奪われていた。渚ちゃんは長い髪をラフに二つ結びにしていて、その髪の毛先は彼女の頭に生えてきたことを喜んでいるかのようにあらゆる方向にはねていた。それから彼女は真っ赤な口紅を塗っていて、ミュージカルのキャッツの舞台にそのまま立てそうなアイラインを引いていたのだけれど、基盤が上質なことは誰の目にも明らかだった、おそらく猫の目にも。服装はアディダスの白字のロゴが前面に大きくプリントされたオーバーサイズの黒いTシャツに、白いミニスカート、そしてアディダスの白いスニーカーを履いていた。鑑定を始めてもらう前、僕は渚ちゃんに私的な質問をした。すると彼女は「十八歳の浪人生です。大学の学費を稼ぐために占星術師を始めました」と答えた。

 

ちなみに僕も渚ちゃんから私的な質問をされた。と言っても、運勢を判断するのに必要だったからだけど……。渚ちゃんは僕の生年月日に加え、出生地や出生時刻まで訊いてきた。僕は出生時刻もしっかり答えたわけだけど、それは僕が幼稚園に入るちょっと前まで出生時刻の記入されたへその緒の入った小さな木箱を絶えず持ち歩いていたからさ。なぜずっと携帯していたのか、その理由はよく分からないんだ。たぶんその木箱の特別感だとか、臍の緒の異物感みたいなものに惹かれたんだと思う。

 

渚ちゃんは本物の占星術師だった。彼女は紙にプリントされた円グラフ的なものに鉛筆で何やら書き込みながら荻堂亜男というキャラクターを解説してくれたのだけど、それがもうびっくりするくらい当たっていたのさ。僕を主人公にした小説を執筆したい物好きがいたらその変人に教えてやりたいくらい!

 

それじゃあそのとき渚ちゃんが授けてくれた言葉を箇条書きで示すね。断っておくけど決して「過剰書き」じゃないよ。

 

・金運はあるけどギャンブルは向いてない。

・体は丈夫。でも運動神経は悪い。

・野菜だけ食べても太るし、何も食べなくても太るし、運動すればするほど太る体質。

・人が大好きだけど人から好かれることはない。

・動物も好きだけど懐かれることはない。

・文才はない。

・ユーモアのセンスもない。

・女性に殺意を抱かせるのが得意。

・男性から馬鹿にされるのが得意。

・相手のことを知りたいと思えば思うほど、その相手はあなたから離れていく。

・あなたがその人のことを好きになればなるほど、その人はあなたを嫌いになる。

・あなたがその人のことを守ってあげればあげるほど、その人はあなたに攻撃してくる。

・とにかく頭が悪い。ゆえに、政治家向き。

・必ず失敗するほう、必ず不幸になるほうを間違わずに選び取れる天才!

・人間として生まれてきただけでも感謝すべき。

・前世はない。来世もない。

・ラッキーカラー、ラッキーナンバー、ラッキーフードもない。

・アンラッキーフードはハンバーガー。

・ファッションセンスが悪い。

・髪型が気持ち悪い。

・顔が散らかってる。

・香水と体臭が混ざって変な匂いがする。

・口も臭い。

・チビ。

・デブ。

・鼻毛が出てる。

 

渚ちゃんに隠し事はできないなと思ったね。僕の知らない僕の隠し事さえ――ひょっとしたら、僕が十年後にする隠し事さえ彼女にはお見通しなのでは、とまで思ったよ。

 

僕の知らない僕(自覚している事柄もいくつかあったが)について説明してくれたあと、渚ちゃんは僕の目を見ながらこう訊いたのさ。

 

「具体的に何か占って欲しいことはありますか? 例えば『自分はいつ死ぬのか』とか」

 

僕はすべてを言い当てられ裸にされたような気持ちになっていたから彼女と目を合わせたとき羞恥を覚えたんだけど、すぐに気を取り直して占って欲しいことを言った。いや、正確に言うと、渚ちゃんの今欲しいものを訊いたんだ。さっきも述べたように、占って欲しいことなどもう何もなかったのさ(自身の死亡時期については僕の目下の関心事ではないので占ってもらわなかった。「死」の方だって僕に関心があるような素振りをまだ見せないし)。

 

「恋する相手に何をプレゼントすれば喜んでもらえるのかな? その娘への初めてのプレゼント。できれば君の個人的な意見を聞きたいのだけれど」

 

「私の個人的な意見ですか? 星の意見ではなく?」

 

「うん。むしろ君の個人的な意見が尊重されるべきというか――うん。君は何をプレゼントされると嬉しい?」

 

渚ちゃんは首を傾げてからこう答えたんだ。「初めてのプレゼントならお菓子程度でいいのではないでしょうか。私はマカロンを贈られると嬉しいかも。ついでにマカロンについて助言させていただくと、プレゼントする相手が若い娘ならとにかく発色のいいマカロンを選択すべきだと思います。マカロンは見映えがすべてなので、発がん性物質を含んだ着色料が多量に混入されたものでも問題ありません」

 

「了解」

 

マカロンの無敵さを痛感したところで時間がきてしまった。渚ちゃんともっと喋っていたかったけど、延長はできなかった。KonMariが見たら「ときめかない」って判決を下しそうな中年女性が――社会から片づけられる寸前と思われる薄幸そうな顔をした女の人が僕の次に予約していたんだ。

 

「あ、それと」僕が椅子から立ち上がって料金を支払おうとするとき、渚ちゃんはこんな言葉で僕を見送ってくれた。「今週から来週にかけて事故に遭いやすい運気です。用心してください。事故に遭うことを幸福だと思うのであれば警戒を怠ったほうがいいのですが……」

 

僕は渚ちゃんに礼を言って料金を支払った。そして僕は彼女の姿を目に焼きつけたあと、キッチンにいる田古田さんに向かって親指を立てながらパーラー百里を出たのさ。

 

前言を撤回しなければならない。渚ちゃんは本物の占星術師ではない。彼女は本物の「予言者」だ! 間違いない。僕はその日の夜、さっそく事故に遭ったんだ!

 

つづく

2020年1月8日公開 (初出 https://note.mu/adan

作品集『Adan』第27話 (全58話)

© 2020 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #27"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る