流れる母をおもう空

応募作品

舞島 周

小説

9文字

五七調で通して書いた作品です。
息子が母に犯されます。
我ながら、よくできていると思います。

2019年11月6日公開

© 2019 舞島 周

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"流れる母をおもう空"へのコメント 2

  • 投稿者 | 2019-11-19 18:28

    読ませていただきました。

    調律の取れた五七調でありながら、文章になるとたちまちその作品の登場人物たちのいびつさが引きたちますね。

    まさに破滅的、破滅していく人間たちの姿が克明に記されています。せっかく正常に戻れそうだったのに、自ら壊したシュウクには同情を禁じ得ません。

    舞島周とはいったい誰だ? と思ってググったら、作者様だったのですね笑

  • 投稿者 | 2019-11-22 07:14

    リンクのPDFを開いた瞬間ページ数を見て「うわ、長っ!」と感じ、Ctrl+F7でお題である「銃」という言葉を検索して出てこなかったので読むのを諦めた(検索機能の問題で検出できなかっただけだとすれば申し訳ない)。19作も参加している合評会なので読む側にも余裕がない。文章表現にこだわっていて作品単体としては面白そうなので、合評会のページを確認してから応募すればもっと多くの反応が得られたはずだと思う。https://hametuha.com/campaign/joint-review-201911/

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る