あなたと私の冒険の終わり

ショートショート・ストーリーズ(第6話)

諏訪靖彦

小説

1,354文字

エメーリャエンコ・モロゾフの散文翻訳です。

 松の木の間に張られたロープにピンク色のワンピース、ボーイスカウトの制服上下に二組の白い靴下が並んで干してある。それらは時折海風に吹かれ、松の木の下に置かれたレコードプレーヤーから流れる音楽に合わせて踊っているように見えた。
「腰に手を添えるの。そうじゃなきゃ一緒に踊ってるように見えないでしょ」
 ゆったりとしたショーツと、本来の意味を成していないほど小さなブラジャーを着た少女が少年に向かって言った。
「だって恥ずかしいじゃん。誰も見てないんだから適当でもいいだろ」
 白いブリーフを穿いた少年が言った。
「あんた本当に子供ね。誰かに見られてるとかの問題じゃないの。ダンスっていうのは誰かに見られていることを意識して踊るものなのよ」
 少年は少女の言う通りに腰に手を伸ばす。想像していたよりもずっと柔らかい少女の肌に少年は驚き手を放したが、もっと触れていたいという衝動にかられ、また少女の腰に手を添える。
「そう、それでいい。次は左右に体を動かすのよ」
「うん……」
 レコードプレーヤーから流れる音楽が、穏やかな波の音と共鳴する。
「次は? 次はどうすればいい?」
「あなたはどうしたいの?」
 少年は少女に向けた目線を外した。次にしたいことは分かっている。分かっているがそれを口にしていいものか、口にしたらどうなるのかを想像して、少年は少女の目を見ることが出来なかった。
「分からないや」
 少年は下を向いたまま言った。その顔は緊張でこわばっている。少女は少年の肩に添えた手を引き寄せ、少年の耳元でそっと囁いた。
「私はキスがしたいな……」
 少女は少年の肩に置いた手を離し、その手を少年の頬に添えると、少年の顔を自分に向けて目を閉じた。夕日に照らされた二人の顔が重なる。そして、すぐに少年は少女から離れた。
「おえっ」
 少年は砂浜につばを吐いた。

2018年8月29日公開 (初出 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886614811/episodes/1177354054886614972

作品集『ショートショート・ストーリーズ』第6話 (全10話)

ショートショート・ストーリーズ

ショートショート・ストーリーズは1話、8話、9話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 諏訪靖彦

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF ファンタジー

"あなたと私の冒険の終わり"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る