Now Printing...

アンチナタリストIからの手紙 高橋文樹(著)

第四子の出産を間近に控えた真夜中、延々と「この世に生まれることは害悪である」と二時間主張し続けたことにブチ切れた夜以来、すっかり絶縁していたと思い込んでいた反出生主義者Iから久しぶりに連絡があった。十五年前から反出生主義を提唱していたIからのメールで始まった論考集。

  1. 連載中 (最終更新: 2021 年 8 月 10 日 )
  2. 3 作品収録
  3. 27,446文字(400字詰原稿用紙69枚)

Authors & Editors 執筆者一覧

高橋文樹

高橋文樹 著者

日本の小説家。1979年8月16日に千葉県に生まれる。株式会社破滅派代表取締役。太宰治や大江健三郎を輩出した東大仏文科在学中に『途中下車』で幻冬舎NET学生文学大賞を受賞し、幸福な作家デビューを果たすも、その後辛酸を舐める。2007年、『アウレリャーノがやってくる』で第39回新潮新人賞を受賞するも、単行本化されず、この世のすべてを憎むようになる。
自分の作品は自分で世に出すというDIY精神のもとに、日夜活動をしているプログラマーとしての側面もあり、千葉県でもっともGIthubスターを稼いだPHPエンジニアでもある。趣味は家づくりで、山梨に自分で家を建てた。

How people say みんなの反応



4.5
1件の評価)


  1. 文筆作品で久しぶりに期待しています
    この記事についてはとある知人の紹介で知りました
    今のところ、特に目新しいお話はないようなので今後に期待します

ログインしてレビュー