ハギワラシンジの投稿一覧 11件

  1. 「棄て去れ汝の血と涙」と面接官は言った 小説

    • ハギワラシンジ
    • 11日前
    • 4,066文字

    「志望動機は二つあります。転職理由は前職で紙に嫌われたからです。入社後は言い訳を弾丸に詰めつつ語学の勉強をし、グローバルな人材になりたいです。ゆくゆくはマネジメント職を経て、御社の製品『弁明バレ…

  2. 小説

    • ハギワラシンジ
    • 11日前
    • 4,065文字

    「志望動機は二つあります。転職理由は前職で紙に嫌われたからです。入社後は言い訳を弾丸に詰めつつ語学の勉強をし、グローバルな人材になりたいです。ゆくゆくはマネジメント職を経て、御社の製品『弁明バレ…

  3. 硝子は飛べないから犬にはなれない 小説

    • ハギワラシンジ
    • 15日前
    • 4,141文字

     僕は家から帰ったあとに散歩に出かけるのだが、彼女はいつも散歩先にいる。 「なんで飛んで餌を取りに行かないの」  と僕が言うと硝子はつん、と済まして言う。「私の翼は虫けらを啄むためにあるんじゃな…

  4. 川底に捧ぐ 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2ヶ月前
    • 3,332文字

    私は夫に疑念を持っている。 どうしてそうまでしてあの川に行くのか。雨が降っているのにもかかわらず。 そして私の歯は抜ける。ぽっかりと夜が訪れて、私はしゃがみこむ。

  5. #電車はパン 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2ヶ月前
    • 1,264文字

    明日のことを考えてる。みんな座席で寝てる。ふと思う。この人たちは人間な訳だが、実のところ僕が知っている人間は少ない。両親とか友達とか、それくらい。なのに、この人達を人間なんて大枠で捉えていいもの…

  6. 危ないことは分かってる 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2ヶ月前
    • 1,130文字

    ある夜の、夜かも分からない夜。危険を感じるけど、風が寒い。

  7. 肘の無い世界 小説

    • ハギワラシンジ
    • 5ヶ月前
    • 3,889文字

    尖ったものだらけの世界 肘が突き刺さる。色んな人の尖ったものが突き刺さる。尖ったものだらけだ。電車の中ではみんないつもより尖る。 僕は周りの人に迷惑かけないように、ちゃんと丸めてある。いつも磨…

  8. 開脚前転七日目 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2年前
    • 2,451文字

    開脚前転したら、最もかわいい生き物は?

  9. ドライサーディン 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2年前
    • 544文字

    君はオイルサーディンかもしれないけど、僕は乾いたサーディン。

  10. 苦しみの無い川にさようなら 小説

    • ハギワラシンジ
    • 2年前
    • 963文字

    骨が軋み尿意を催す。僕とあなたの間にずっと流れ続ける。冷蔵庫のハイネケンは冷えてる。誰のものかは忘れた。今僕しかそれを飲む人はいない。