斧田小夜の投稿一覧 39件

  1. 牛頭 小説

    • 斧田小夜
    • 4ヶ月前
    • 2,114文字

    牛頭ちゃん、きっとストレスで嫌になっちゃったんだろうな。

  2. 夜明けを思う エセー

    • 斧田小夜
    • 1年前
    • 2,211文字

    2019年9月合評会参加作品。 地元…?ええ、地元は日本です。

  3. ポケットの中にはただいまがひとつ 小説

    • 斧田小夜
    • 1年前
    • 9,914文字

    西から東への移動はなぜ損だと感じるのか? あの一時間は、あの一日はどこへ消えた? もしかしたらみんな「時差ポケット」の中に落ちているのかもしれない。

  4. だってせんたっきさんがくつしたたべちゃうんだもん 小説

    • 斧田小夜
    • 1年前
    • 2,405文字

    せんたっきを買ってうれしくなったのでかきました

  5. 発電機関はデンキウナギの夢を見る 廃街 / 小説

    • 斧田小夜
    • 2年前
    • 17,504文字

    もし日本円がすべて仮想円になったとしたら…? ポストうなぎエンタメが流行っているらしいので書きました。

  6. 小説

    • 斧田小夜
    • 2年前
    • 8,067文字

    「キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている」エレファント(2003)――2018年5月合評会参加作品。 大幅に分量オーバーしましたすみません。

  7. 廃街(モーム) 廃街 / 小説

    • 斧田小夜
    • 2年前
    • 13,377文字

    ずっと、廃街がどうなったか気になっていた。 作中引用: 「まるで天を目指して建築され、神の怒りの雷火を被った炎の宮プライムの如き」(小林めぐみ・デビュー作『ねこたま』より) 「自分の望…

  8. 春望 廃街 / 小説

    • 斧田小夜
    • 2年前
    • 3,825文字

    江戸と現代の交差点、明治の春画はいかにしてあったのか。2018年4月合評会参加作品。

  9. 秘密 小説

    • 斧田小夜
    • 3年前
    • 3,971文字

    父が別人になっている――しかし家人は気づいていないようだ。一体何の目的で男はこの家に入り込んでいるのか? 2017年12月分合評会参加作品。

  10. およそ365日のひそやかな戦争 小説

    • 斧田小夜
    • 3年前
    • 12,326文字

    りん、と毎日一度だけ電話は鳴り、そして静かになる。君が私に送るメッセージ。 星空文庫に掲載していたものを加筆修正しました。