前回行いました「縄文時代ワークショップ」の第二回です。第一回についてはこちらの告知を御覧ください。また、スライドもアップしてあります。

ワークショップの内容

前回で「とりあえず縄文時代の小説を書いてみよう」という結論になりました。スケジュールは次のようになります。

  1. 9/23までに4000字〜8000字の短編小説を破滅派にアップする。
  2. 9/30までにその小説を読む
  3. 9/30に勉強会で合評を行い、今後の課題を立てる

なお、前回の勉強会の内容については近日中にアップ予定です。

作品のテーマ

  • 高橋案: 兄弟(兄は優秀な狩人、弟は新米狩人)が対立する話
  • 中村案: ペットの猫の飼い主とペットのいない人間
  • §かつてアサミと呼ばれたアーティスト案: 現代でいう野球のような手を使うスポーツの天才がいて、そいつは狩りができない穀潰しで、弟がいる話

作品のテーマについては、参加者3名がそれぞれ次のようなテーマを掲げています。

第二回から参加する方は、これらのテーマを援用するか、ご自身で新たにテーマを設定してください。投稿する際は、編集画面の「応募」の欄から「第二回縄文小説ワークショップ参加作品」を選んでください。

新規投稿を追加_‹_破滅派|オンライン文芸誌_—_WordPress_と_Evernote_Basic

それでは、皆様ふるってご参加下さい。