早朝学植物誌 多宇加世(著)

まだ暗い静かな2時から3時、4時のあたりに著者は起床する。
そこから陽の昇る時間までを著者は「早朝」と呼ぶ。
夜学ではない。
つまり著者は植物より早く1日の活動を始める。
掌編・短編の読み切り作品集。

  1. 連載中 (最終更新: 2019 年 10 月 10 日 )
  2. 2 作品収録
  3. 4,301文字

Authors & Editors 執筆者一覧

多宇加世

多宇加世 著者

たうかよ、といいます。
エレキベースを弾いたり背伸びしたり。
好きな曜日は木曜日。えへへと笑う。
テーブルヤシが枯れ、アボカドの種が発芽する。
メール読みマウスがまだ家にいる。
山形県酒田市在住。

How people say みんなの反応