破滅派第17号原稿募集「小説の速度」 11件

第34回文学フリマ東京の応募原稿です。事前に申請していない人は応募してもボツになります。

応募〆切
2022 年 5 月 9 日 募集終了
長さ
400字詰原稿用紙10枚以上50枚以下
応募方法
応募タグ 破滅派第17号原稿募集「小説の速度」 をつけて、所定の期日までに作品を投稿してください。 雑誌掲載作品は「非公開」を選べば表示されません。(詳しく
備考
---
関連リンク
---
  1. エエエアァクションンヌ!――あるいは、小説をドライブする要素について 評論

    • 高橋文樹
    • 7ヶ月前
    • 5,810文字

    欧米のエンターテインメント業界では、ストーリーを動かす要素として「アクション」という言葉が認知されている。この言葉を紹介するとともに、それが小説の速度にどのように関連しているかを論じる。

  2. スピードの向こう側〜速く書き速く読む作家たちによる、小説の速さについて 対談など

    • 諏訪靖彦
    • 7ヶ月前
    • 7,300文字

    「波野さんとか諏訪さんて、なんかはやいですよね」ドキリとさせられるひと言に団塊ジュニアの初老2人は狼狽した。そそそそんなことないよ! 読んだり書いたりするときの所要時間をもとに速いか遅いかを計…

  3. 歩いていると不意に殴られた 小説

    • 高橋文樹
    • 7ヶ月前
    • 6,339文字

    保坂和志の小説論をパロった小説。保坂の『書きあぐねている人のための小説入門』を読んだところ、悪い例として「歩いていると不意に殴られた」という書き出しが挙げられていたので、逆にその書き出しで小説を…

  4. 遅読派のための遅い小説と早い小説 評論

    • 鈴木沢雉
    • 7ヶ月前
    • 9,699文字

    どうしても本を早く読めない人のための、早く読める本を探すためのヒント。

  5. 阿鼻叫喚 小説

    • 松尾模糊
    • 7ヶ月前
    • 9,963文字

    祖母がケアハウスに入所したと知らせを受け、地元に帰ると実家を伯母が訪ねていた。三十路を超えても結婚していない「わたし」だが、伯母はずっと独り身である。興味本位で伯母の恋バナを聞こうと話を振るが、…

  6. しゃべるのがおそい 小説

    • 大木芙沙子
    • 7ヶ月前
    • 10,828文字

    おそいタイトルのはやい小説を書こうと思って書きました。どこかで聞いたことのあるタイトルですか? それはきっと気のせいです。

  7. 今こそ世界の名作に突っ込んでみる エセー

    • 大猫
    • 7ヶ月前
    • 10,119文字

    名作と言えども速度から逃れられない! 今回、世界名作全集とか岩波文庫とかに恭しく奉られているいわゆる「世界の名作」をいくつか選び「速い遅い」の観点で読んでみました。やはり名作だけあって完成度は大…

  8. マコとケイシーの海物語 小説

    • Juan.B
    • 7ヶ月前
    • 9,920文字

    雄大な海の如き歴史の前に、二人の愛は素早く溶けて行った……。

  9. ほんと愚図 小説

    • 曾根崎十三
    • 7ヶ月前
    • 18,977文字

    暴力をふるうことも暴言を吐くこともほぼないクリーンな主人公です。

  10. 『人のセックスを笑うな』論 エセー

    • 工藤 はじめ
    • 8ヶ月前
    • 7,443文字

    速い小説である山崎ナオコーラの『人のセックスを笑うな』。 『人のセックスを笑うな』を精読し、真剣に考察をします。

破滅派第17号原稿募集「小説の速度」は採点のないキャンペーンです。