渟足川祐也の投稿一覧 8件

  1. スキゾロヂック(6) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 7年前
    • 6,440文字

    回想と酔いどれのモノローグ。大衆酒場につどう大学生たち。疎外感を覚えるボク。にわかに昂ぶる帰宅欲。折しも肥満のトリック・スター、東真一郎が登場。東は酒の酔いにまかせて由無し事を言いふらす。ボクは…

  2. スキゾロヂック(5) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 7年前
    • 4,563文字

    舞台はひきつづき、はきだめのアパルトマン。 少女との対話。気の狂った躁病的言辞が口をついて飛び出す。少女との距離感がつかめず、ボクは年甲斐もなく困惑する。ボクの被害妄想はアパルトマンの構造 にま…

  3. スキゾロヂック(4) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 8,949文字

    大学教員との殺し合いに勝利したボクは、漁夫の利を得て乗り込んできた機動隊に殺される。夢の中で。道草を喰わずに帰宅。惑溺の夜。苛烈きわまる 深紅の虚妄。携帯電話をボクに預けた少女が、CIAの手先に…

  4. スキゾロジック(3) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 9,153文字

    おそく起きた朝は、歯が抜け落ちる悪魔的幻覚に脅かされる。大学へ行くまでにまとわりつく煩悩。少女の携帯電話。講義にふまじめな学生たち。そしてボクは大学教員に殺され、幻覚の海で溺れる。

  5. スキゾロヂック(2) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 8,762文字

    デパートの陋劣な喫煙室。警備員と少女との、ちょっとした揉め事に巻き込まれたボク。偏執的にあらぶる意識。仕方なく少女を窮地から救う。警備員、退場。喫煙室に二人きりでいると被害妄想が渦巻く。おどける…

  6. スキゾロヂック(1) スキゾロジック / 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 10,149文字

    痙攣的高架橋。休日のデパート。雑貨屋。喫煙室。さして仲がよくない友人のためのプレゼントを買いに、デパートへ。煙草に関する被害妄想。喫煙者三人集。喫煙室で怪しコートの少女と邂逅。少女はデパートの警…

  7. 恋は盲目 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 9,760文字

    重度神経症のサラリーマンが色眼鏡をかけた盲人の集団に喫茶店で出くわしたら、彼らを産業スパイと誤解するかもしれません。そのような人間同士のもつれ合いを、近未来の設定で書いてみました。スプラッタアぎ…

  8. オーガスタス・メロン 小説

    • 渟足川祐也
    • 9年前
    • 9,769文字

    メロンといえばお見舞い、お見舞いといえばメロンだ、という点から出発して自由連想式にアイディアを書き連ねました。内容は、盲腸を切除したOLの山蓬彩乃が回復を待って入院している五日間の話です。短編で…