Now Printing...

スキゾロジック

  1. 連載中 (最終更新: 2010 年 9 月 7 日 )
  2. 6 作品収録
  3. 48,231文字
  4. あとがき付き(約39文字)

Authors & Editors 執筆者・編集者

渟足川祐也

渟足川祐也 編集・執筆

1987年生 私立探偵事務所の諜報員

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    スキゾロヂック(1) 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 10,149文字

    痙攣的高架橋。休日のデパート。雑貨屋。喫煙室。さして仲がよくない友人のためのプレゼントを買いに、デパートへ。煙草に関する被害妄想。喫煙者三人集。喫煙室で怪しコートの少女と邂逅。少女はデパートの警備員といさかいになる。そのときボクは、その仕組まれたような展開に巻き込まれるのであった。

  2. 2

    スキゾロヂック(2) 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 8,762文字

    デパートの陋劣な喫煙室。警備員と少女との、ちょっとした揉め事に巻き込まれたボク。偏執的にあらぶる意識。仕方なく少女を窮地から救う。警備員、退場。喫煙室に二人きりでいると被害妄想が渦巻く。おどける少女。ぎこちない会話。なすり付けられた携帯電話。帰途のメトロ車内。そしてあらぬ陰謀が紡がれるよりも前に、ボクの意識はいまだ書き終えてないレポートの件へ、ゆっくり推移してゆくのであった。

  3. 3

    スキゾロジック(3) 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 9,153文字

    おそく起きた朝は、歯が抜け落ちる悪魔的幻覚に脅かされる。大学へ行くまでにまとわりつく煩悩。少女の携帯電話。講義にふまじめな学生たち。そしてボクは大学教員に殺され、幻覚の海で溺れる。

  4. 4

    スキゾロヂック(4) 小説

    • 渟足川祐也
    • 8年前
    • 8,949文字

    大学教員との殺し合いに勝利したボクは、漁夫の利を得て乗り込んできた機動隊に殺される。夢の中で。道草を喰わずに帰宅。惑溺の夜。苛烈きわまる 深紅の虚妄。携帯電話をボクに預けた少女が、CIAの手先に思えてならない。携帯に送られてくるメールの内容は、ボクをはきだめのアパルトマン(板橋区某 所)へ招くものだった。

  5. 5

    スキゾロヂック(5) 小説

    • 渟足川祐也
    • 7年前
    • 4,563文字

    舞台はひきつづき、はきだめのアパルトマン。 少女との対話。気の狂った躁病的言辞が口をついて飛び出す。少女との距離感がつかめず、ボクは年甲斐もなく困惑する。ボクの被害妄想はアパルトマンの構造 にまで及ぶ。夕霧のたれこめる頭は、ふたたびCIAの虚像を生み出す。

  6. 6

    スキゾロヂック(6) 小説

    • 渟足川祐也
    • 7年前
    • 6,440文字

    回想と酔いどれのモノローグ。大衆酒場につどう大学生たち。疎外感を覚えるボク。にわかに昂ぶる帰宅欲。折しも肥満のトリック・スター、東真一郎が登場。東は酒の酔いにまかせて由無し事を言いふらす。ボクは大人しく拝聴する。生贄に捧げられる映画スターたち。