Now Printing...

死に神の恋

  1. 連載中 (最終更新: 2009 年 10 月 26 日 )
  2. 5 作品収録
  3. 45,848文字
  4. あとがき付き(約39文字)

Authors & Editors 執筆者・編集者

サムライ

サムライ 編集・執筆

江戸出身 素浪人

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    死に神の恋(1) 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 9,644文字

    緑濃い公園に建つ、ひなびた食堂。若女将、舞はみなの人気者。猫をつれた風来坊、死に神さん、舞さんに密かに思いを寄せるが…。死に体の物書きと美人妻の 恋愛騒動を通して、現代人の心に巣くう、深い孤独を浮き彫りにする。

  2. 2

    死に神の恋(2) 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 8,907文字

    解説 緑濃い公園に建つ、ひなびた食堂。若女将、舞はみなの人気者。猫をつれた風来坊、死に神さん、舞さんに密かに思いを寄せるが…。死に体の物書きと美人妻の恋愛騒動を通して、現代人の心に巣くう、深い孤独を浮き彫りにする。

  3. 3

    死に神の恋(3) 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 6,687文字

    みどり濃い公園に建つ、ひなびた食堂。そこに転がり込んだ、猫づれの風来坊、死に神さん。若奥さんの舞ちゃんに、柄にもなく恋わずらい。やがて、大胆不敵な作戦に出た死に神さん、舞ちゃんに、ものの見事にひじ鉄砲を食らい…。若妻、舞さんと、死に体の物書き、死に神さん、ふたりの淡い恋を通して、庶民の人情と、現代人の孤独を浮き彫りにする。

  4. 4

    死に神の恋(4) 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 8,793文字

    やがて、秘めた想いを人々に見抜かれた死に神さん、ひたすら居心地悪くて、悶々とした日々を送る。それが可哀想で、やきもきする舞さん。いつのまにか、
    微妙に、よろめき始め……。若妻、舞さんと、死に体の物書き、死に神さん、ふたりの淡い恋を通して、庶民の人情と現代人の孤独を浮き彫りにする。

  5. 5

    死に神の恋(5) 小説

    • サムライ
    • 8年前
    • 9,344文字

    みどり濃い公園ににぽつんと建つひなびた食堂。そこに転がり込んだ、猫づれの風来坊、死に神さん、若奥さんの舞ちゃんと怪しい雰囲気。けれども、いつも死の影の寄り添う死に神さん、身分不相応と身を退く決意。 ある嵐の日、置き手紙を読んだ舞ちゃん、死に神さんが身投げするものと、あわてて雨の中を飛び出した。 何かとドジな死に神さん、すったもんだの末、舞ちゃんの目の前で、増水した川に、猫と一緒に本当に落ちてしまい…。舞ちゃんと死に神さん、二人の淡い恋を通して、人間の深い孤独を見据える。