児島啓祐の投稿一覧 6件

  1. 無創の英雄 小説

    • 児島啓祐
    • 9年前
    • 14,562文字

    戦国の動乱も終焉を迎え、戦場を失った武功派たちの存在は、もはや前時代の遺物に過ぎなかった。生涯五十七の戦場を駆け巡り、かすり傷ひとつ負うことのなかった無創の英雄『本多忠勝』も、背骨の曲がった老翁…

  2. 時の虚からの手紙 小説

    • 児島啓祐
    • 9年前
    • 15,200文字

    愛する夫と離別した女の独白に、時の虚(うろ)が密かに顔を覗かせる。年若き著者が物した作品は軽々と時空を超えてみせる。第一回破滅派文藝新人賞の選考会を大いに賑わせた佳作。

  3. 便秘男 小説

    • 児島啓祐
    • 9年前
    • 7,244文字

    ――俺は神を産むのだ。曇天雷天のみ発症する便秘男は二条城を徘徊していた。この男の便秘とは一体何であったのか。異常性について考える。

  4. カマキリの卵と黄色いバトン 小説

    • 児島啓祐
    • 10年前
    • 7,469文字

    僕はじいちゃんにほんとうにたくさんのことを教わった――カマキリの生殖と、運動会。破滅派きっての新鋭が送る、心温まるお話。

  5. 蕎麦と卵とチョコレート 小説

    • 児島啓祐
    • 10年前
    • 8,078文字

    そばを愛していたにもかかわらず、そばアレルギーになってしまった太一。もっとも愛するものを遠ざけて生きねばならない彼が、二つの出会いをへて下した結論とは? 新世紀の到来を告げるアレルギー文学。

  6. 蕎麦地獄 小説

    • 児島啓祐
    • 10年前
    • 7,618文字

    蕎麦つゆの中で踊る黒い妄想。かつての知人が告げたのは恐ろしい家族の過去だった。若き俊英が送る傑作短編。