リストトップへ リスト

2007年の発足時〜2010年ぐらいまでに思い出深かった作品です。独特の熱意がありますので、ぜひごらんください。

  1. 最後の経験者(1) 最後の経験者 / 小説

    • 竹之内温
    • 9年前
    • 6,085文字

    昭和35年に生まれた、母の青春時代には一体なにがあったのか...全てはここから始まる。 祖母、母、娘の身に起きる悲しい物語。

  2. オノレ・シュブラックの失踪 小説

    • 己戸春作
    • 10年前
    • 3,441文字

    誰もオノレ・シュブラックを捕まえられない。幾つもの名作を残した奔放な文学者アポリネールの佳品を、己戸先生が端正な日本語に。

  3. 蕎麦地獄 小説

    • 児島啓祐
    • 10年前
    • 7,618文字

    蕎麦つゆの中で踊る黒い妄想。かつての知人が告げたのは恐ろしい家族の過去だった。若き俊英が送る傑作短編。

  4. 重力に逆らうな、寝ろ 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 10年前
    • 6,361文字

    800万人の命を奪い、禁固2億8千万年の判決を受けた武器開発者アルフォンソ・ベンスラ。超人的な知識人であるとともに「重力に逆らうな」という奇妙な哲学の持ち主である彼の日々を、刑務官の「私」は冷静…

  5. 「葉桜と魔笛」論 評論

    • 花藤義和
    • 11年前
    • 112文字

    2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

  6. 痛女痛信(1) 痛女痛信 / エセー

    • エマニュエル・イタ子
    • 11年前
    • 10文字

    イタい女子の、イタい女子による、イタい女子のための通信というか落書みたいなエッセー。

リストとは

破滅派の読者が作成した作品のリストです。編集部作成したオススメリストもあります。 作成するにはログインする必要があります。

リストへの作品追加は、個別の作品ページから行えます。詳しいやり方を見る»