破滅派 安否情報

破滅派同人の安否を知るための最新情報です。書いていない人のことは心配してあげてください。

ログインして安否報告

生存確認 34件

ご無沙汰している破滅派からの近況報告です。生きているぐらいはお伝えします。

  1. 南沢修哉 南沢修哉 投稿者
    2017 年 4 月 25 日 12:09

    宣伝

    宣伝です。筒井康隆の小説『美藝公』に登場する「活動写真」という曲に、smapこと南沢修哉が伴奏をつけるなどしてアレンジしました。短いです。興味のある方はご聴取ください。 http://www.nicovideo.jp/w […]

    | 0 @ | -
  2. Juan.B Juan.B 投稿者
    2016 年 10 月 7 日 13:16

    なろう、バイバイ!

    円周率より少ない俺のファンなら知っている事だろうが、「1988年の強姦」を「小説家になろう」に削除されて以来、俺はそこでの作品掲載をやめ、ユーザーだけ残しておいた。 だが、自分に最早関係ないとはいえ、最近また変な規制が増 […]

    | 0 @ | -
  3. 谷田七重 谷田七重 投稿者
    2016 年 2 月 12 日 20:32

    出戻り安否

    お久しぶりです、谷田七重です。 わたくしのことを知らない方のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。 破滅派が発足して間もなく、あるご縁があって初めて自分が書いたものを「作品」として掲載させていただきました。 それから「 […]

    | 2 @ | -
  4. 午後のお姉さん 編集部 午後のお姉さん 編集部 投稿者
    2016 年 2 月 12 日 15:51

    本当の告知の話をしよう

    皆さま ご無沙汰してます。「午後のお姉さん」編集部の者です。 今回はふたつほど、告知をさせていただきます。 ひとつめ。 小松とんねる先生による新連載をはじめました。 『ゾンビたちが巣食う世界で、僕はお姉さんたちに囲まれて […]

    | 0 @ | -
  5. 高橋文樹 高橋文樹 編集長
    2016 年 1 月 25 日 08:00

    新年、破滅派が停滞していますが頑張ります!

    めつかれさまです。高橋文樹です。もう新年の挨拶を申し上げる機会を逸してしまいましたが、ご挨拶申し上げます。 さて、今年もすでに三週間以上が経過しましたが、破滅派は少し停滞しております。その裏事情というか、なにをやっている […]

    | 0 @ | -
  6. Juan.B Juan.B 投稿者
    2015 年 12 月 29 日 22:25

    「”誇り”高き人々」「血は世界に満ちて」「1988年の強姦」のレイアウト

    現時点で投稿している主要な小説三作品、「”誇り”高き人々」「血は世界に満ちて」「1988年の強姦」を、自分なりに読みやすいように改行などを施した。 元々、「小説家になろう」等に投稿した時には改行がされていたが […]

    | 0 @ | -
  7. Juan.B Juan.B 投稿者
    2015 年 12 月 10 日 02:05

    良く分からないが

    ある人に肯定的な意見を送ろうと、掲示板に始めて投稿したら、自分の投稿が表示されず、そんな無礼なことは書かなかったつもりだが…今日もう一度確認の意味で投稿しても表示されず、 良く見たら自分の投稿は「承認待ち」らしい(誓って […]

    | 4 @ | -
  8. 山谷感人 山谷感人 投稿者
    2015 年 12 月 2 日 08:59

    水木しげる先生の他界に想う事

    寒うなって来ました。皆様は健やかに暮らしておるでしょうか? さて先日、水木しげる先生が他界され想う事を徒然のままに。 僕が所謂、ネットをやり始めたのは往時、奇妙な縁で知り合い同居人だった破滅派・主幹から「今度、Web雑誌 […]

    | 2 @ | -
  9. Juan.B Juan.B 投稿者
    2015 年 11 月 30 日 22:38

    ギフト券を頂いた

    小説「1988年の強姦」が週間一位作品になり、その賞品(だよね?)としてアマゾンギフト券を頂いた   それで、本当はアマゾンの画面でギフト券を貰った後、直接アマゾン経由でお礼を送信できる機能があるのだが、ある事 […]

    | 0 @ | -
  10. Juan.B Juan.B 投稿者
    2015 年 11 月 25 日 20:52

    メモ:作品の順番について

    俺の作品名で検索でもした方はもう気付いているかも知れないが、全作品は一度他サイトそして自ブログで掲載したものである。 自分の主要な小説3作品を載せたが、順番はこのサイトでの公開順とは逆で、「”誇り”高き人々」 […]

    | 0 @ | -