Now Printing...

鎖骨のレイピア 小雪(著)

会話の仕方がいまいちわからないという人のために――。高校一年生の女の子、小諸桃子は、一か月たっても学校に馴染めなかった。彼女は、言葉が好きだったのだ。言葉の探究のために、日常を、友達を、平穏を犠牲にしながら、屋上前の踊り場でゆでたまごを食べる日々に勤しむ。アイロニー響く、純文学中編小説です。

  1. 連載中 (最終更新: )
  2. 0 作品収録
  3. 文字数不明

Authors & Editors 執筆者一覧

小雪

小雪 著者

人はなぜ人を愛するのか。人に優しくするのか。愛ってなんだろうか。を、究極(仮)のテーマに据えて、哲学など幅広い学問に触れながら自己啓発しています。僕の自己啓発が、誰かの啓発になればいいなって、文章もそこそこ書いています。ここでは、特に小説を媒介にしたコミュニケーションを皆さんと取っていきたいと思います。

Twitter: @diamd_ 勉強仲間募集中。

Works 収録作一覧

まだ作品が登録されていません。破滅派をフォローして、作者の活躍に期待してください。

How people say みんなの反応