エメーリャエンコ・モロゾフ翻訳集

 稀代の無国籍多言語作家にして世界愛国ポルノ作家連盟常任理事兼日本支部長エメーリャエンコ・モロゾフの翻訳に挑戦しました。

  1. 連載中 (最終更新: 2019 年 2 月 11 日 )
  2. 10 作品収録
  3. 36,208文字

Authors & Editors 執筆者・編集者

諏訪靖彦

諏訪靖彦 編集・執筆

最底辺高卒。

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    先生あのね 小説

    • 諏訪靖彦
    • 6ヶ月前
    • 1,529文字

    エメーリャエンコ・モロゾフが幼少期に書いた散文の翻訳です。

  2. 2

    スロバンスクにて 小説

    • 諏訪靖彦
    • 6ヶ月前
    • 2,378文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ晩年の散文、「リアビッフィ・イ・スロバンスク」の翻訳です。

  3. 3

    あなたと私の冒険の終わり 小説

    • 諏訪靖彦
    • 6ヶ月前
    • 1,165文字

    エメーリャエンコ・モロゾフの散文翻訳です。

  4. 4

    僕とキムの全てをロックンロールと呼べ エセー

    • 諏訪靖彦
    • 6ヶ月前
    • 4,511文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ自叙伝「キムの水爆を食べたい」抄録

  5. 5

    何をしたって投げた灰皿は死ぬまで海老蔵を苦しめる 小説

    • 諏訪靖彦
    • 6ヶ月前
    • 3,044文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ自叙伝「海老蔵と生きた季節」抄録

  6. 6

    原始、尊師は太陽だったし 小説

    • 諏訪靖彦
    • 4ヶ月前
    • 1,621文字

    エメーリャエンコ・モロゾフ散文集「石井久子とイニシエーション・ラブ!」より

  7. 7

    ハニュー・ユヅルと消えたビブーティ 小説

    • 諏訪靖彦
    • 3ヶ月前
    • 15,504文字

    エメーリャエンコ・モロゾフがフィギュアスケート選手のメンタルトレーナーをしていた頃に書いたファンタジー小説の翻訳です。

    ※小説に出てくる架空の人物について問題があれば連絡下さい。私は何のポリシーも持ってないので直ぐに削除します。

  8. 8

    目覚める頃には 小説

    • 諏訪靖彦
    • 3ヶ月前
    • 2,386文字

    エメーリャエンコ・モロゾフがコールドスリープ中に夢想したショートショートです。

  9. 9

    尿道が+(プラス) 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 1,418文字

    ロシアでTVドラマ化され人気を博したエメーリャエンコ・モロゾフの晩年の作品を翻訳しました。

  10. 10

    アナルパール 小説

    • 諏訪靖彦
    • 8日前 更新
    • 1,853文字

    エメーリャエンコ・モロゾフが仙台市国分町のニューハーフヘルス嬢に入れ込んでいた頃に書いたとされる短編を翻訳しました。