絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー 人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

  1. 連載中 (最終更新: 2019 年 2 月 18 日 )
  2. 23 作品収録
  3. 76,766文字
  4. あとがき付き(約429文字)

Authors & Editors 執筆者・編集者

hongoumasato

hongoumasato 編集・執筆

初めまして。小説家志望です。
長編をアップしていきますので、末永いお付き合いをお願いいたします。

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    絶滅者 小説

    • hongoumasato
    • 12日前
    • 6,362文字

    人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

    一人一人に問題はあれど、そんなことは気にせずに幸せな家族達との平穏な時間を楽しみ、大切にしていた「わたし」。
    しかし、ある時から夢に異形のモノが現れ始め、時を同じくして、大切な家族達が他の
    人間達に奪われてしまう。
    異形のモノにより、「わたし」から「ワタシ」となり、少女は家族を取り戻すため、人間達の「否定」を始める。

  2. 2

    絶滅者 2 小説

    • hongoumasato
    • 10日前
    • 6,004文字

    人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

  3. 3

    絶滅者 3 小説

    • hongoumasato
    • 10日前
    • 3,896文字

    父の身に何が起きたのか?
    なぜかそれを「わたし」に知らせようと、異形のモノが再び悪夢に現れる。
    異形のモノが「わたし」に流す、父の身に起きた真相。
    それは醜悪な社会の縮図だった。

  4. 4

    絶滅者 4 小説

    • hongoumasato
    • 10日前
    • 1,562文字

    人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

  5. 5

    絶滅者 5 小説

    • hongoumasato
    • 10日前
    • 3,934文字

    人間は生きるに値するか? 少女の復讐、始まる。

  6. 6

    絶滅者 6 小説

    • hongoumasato
    • 9日前
    • 2,986文字

    断ち切られた金策。
    そして「わたし」は覚醒にまた近づいていく。
    異常な少女達の異常な情報交換、そして遂に「わたし」の力が垣間見える。

  7. 7

    絶滅者 7 小説

    • hongoumasato
    • 9日前
    • 565文字

    父親の居場所が病院と判明し、わたしと母が駆けつける。
    その病院で父が行っていたことに愕然とするわたし。
    さらに、病院がダークだと知り、緊張感は増していく。

  8. 8

    絶滅者 8 小説

    • hongoumasato
    • 8日前
    • 2,223文字

    父が金策に選んだのは、治験だった。その治験先の病院がカルト教団運営と知り、十二才の「わたし」は必死の脱出を試みる。
    それを遮るために現れたのは、民間の警備員レベルを超えた精鋭集団だった。
    わたしはたった一人で立ち向かう……。

  9. 9

    絶滅者 9 小説

    • hongoumasato
    • 8日前
    • 3,121文字

    カルト教団が運営する病院を何とか脱出した「わたし」。しかしタイミング悪く、取り立てや三人組=ヤクザ達と鉢合わせてしまう。
    ヤクザの一人が「わたし」に淫乱な真似をすると、「わたし」は暴走してしまう。
    一方、憔悴しきった父を母は、中国からのVIPを警護する警官に助けを求めるが・・・

  10. 10

    絶滅者 10 小説

    • hongoumasato
    • 7日前 更新
    • 3,596文字

    闇金の追い立てで家族は限界へ。そして父が選んだ手段は夜逃げだったが、資金の問題が。そこで藤堂本家へ助けを求めるが……。
    小学校最後の日。
    弟をイジめる山本達へ、「わたし」の破壊が始まる……

  11. 11

    絶滅者 11 小説

    • hongoumasato
    • 6日前 更新
    • 3,694文字

    ついに「わたし」達家族は、夜逃げを決行し、成功する。
    だが「わたし」は、夜逃げ屋にいた甘ったれた一員に不安を覚える。

    新しい土地で、家族それぞれが新しい生活を始める。
    軌道に乗り始める、新生活。

    そんな折、異形のモノが現れ、「わたし」に「絶滅者」としての始動が近いことを告げる……。

    そしてある日、唐突に、新しい生活……「わたし」の家族は、終焉を迎える。
    どこまでも伸びる悪の手によって。

  12. 12

    絶滅者 11 小説

    • hongoumasato
    • 5日前 更新
    • 3,349文字

    夜逃げしてなお、取り立て屋達に居場所を知られてしまい、窮地に立たされた一家。

    そして父が選んだのは……。

    しかし死してなお、「わたし」とその家族に平穏は訪れない。

    「わたし」の目の前に広がる、地獄の光景と、血塗られた宿命。

  13. 13

    絶滅者 12 小説

    • hongoumasato
    • 5日前 更新
    • 2,351文字

    地獄に落ちてなお、苦痛をあたえられる家族。

    見るに耐えかねた「わたし」は、脱力し、絶望する。

    そこで異形のモノが切り出す、家族の救済法。

    それは「黄泉」と「地獄」の均衡、地球の新陳代謝について。

    わたしはついに、「絶滅者」となることを決意する。

  14. 14

    絶滅者 13 小説

    • hongoumasato
    • 4日前 更新
    • 4,326文字

    ついに異形のモノと融合し、絶滅者となった「ワタシ」。

    超人的な身体能力と人外の力を得た「ワタシ」は、藤堂本家に乗り込む。

    本家で出会った管理人・徳田を鼻で笑いながら、日本刀を手中におさめる。

    これから始まる家族奪還のための「破壊」に向けて。

    その第一歩は、弟をイジめた山本の一家だった・・・

  15. 15

    絶滅者 14 小説

    • hongoumasato
    • 3日前 New!
    • 3,762文字

    更新いたしました。

    今回は、生前に弟をイジめていた山本少年に「ワタシ」が乗り込み、破壊するエピソードです。

    グロテスクな描写がありますので、苦手な方はご注意ください。

  16. 16

    絶滅者 15 小説

    • hongoumasato
    • 2日前 New!
    • 1,428文字

    弟をイジメで地獄の底に叩き落していた山本と、山本をそんな人間に育てた山本両親を破壊した「ワタシ」。

    そんな「ワタシ」は次の標的を決め、過去の真相を透視すると・・・

  17. 17

    絶滅者 16 小説

    • hongoumasato
    • 2日前 New!
    • 2,472文字

    父をリストラさせた実行部隊の一人、田端。
    「ワタシ」は夜の路地裏で、そんな田端に日本刀を掲げる。
    その刃は、青い電流を帯び、美しく怪しく光っていた。

  18. 18

    絶滅者 17 小説

    • hongoumasato
    • 2日前 New!
    • 1,639文字

    田端を破壊した「ワタシ」の次の標的は、父をリストラしたチームの総指揮官・小峰。
    「ワタシ」は田端に「人の心と歩む道」を諭しながら、その命を絶つ。

  19. 19

    絶滅者 18 小説

    • hongoumasato
    • 2日前 New!
    • 1,210文字

    リストラチームの二人を葬った「ワタシ」は、ついに藤堂直営の銀行に乗り込む。
    深夜に開かれた、緊急幹部会議。
    そこに突然現れる「ワタシ」。
    「ワタシ」とゴリラ頭取の、腹の探り合いが始まって・・・

  20. 20

    絶滅者 19 小説

    • hongoumasato
    • 2日前 New!
    • 1,541文字

    『暴力』ってやつを使えば、その時は自分の都合のいいように事を運べるだろう。だがな、しっぺ返しがいつか来るぞ。上を向いて唾を吐いてみろ。テメエの顔にかかるだろうが。同じことだ。

  21. 21

    絶滅者 20 小説

    • hongoumasato
    • 19時間前 New!
    • 1,048文字

    「ワタシ」は昨夜襲撃したゴリラ頭取をはじめとする銀行幹部達の粛清を決行する。

    だが、その姿は銀行に設置された監視カメラに映っていた。

    ニュース番組の司会者が、その報道で意外なことを告げる・・・

  22. 22

    絶滅者 21 小説

    • hongoumasato
    • 19時間前 New!
    • 1,033文字

    「ワタシ」の次の標的。
    それは、父をたぶらかした、夜の世界の住人。
    売れっ子一流ホステスに、「ワタシ」の刃が一閃する。

  23. 23

    絶滅者 22 エセー

    • hongoumasato
    • 18時間前 New!
    • 3,298文字

    かつて、瀕死の父を背負いながら助けを求めた母を邪険に扱った警察官。

    「ワタシ」の次の標的は、この警察官に決まった。

    再生能力を試すため、あえて警察官に発砲させ、被弾させる「ワタシ」。

    再生能力は問題なかったが、予想外の事態が勃発し、「ワタシ」は危機を迎え・・・