君と僕の共犯的な生活

大樹は高校を中退して以来、自堕落な生活をしていた。
ある日、大学の清掃のアルバイトに行くと、忘れたくても忘れられない女と仕事で一緒になった。
「お前、加藤琴希だろ」と突きつけると彼女は認めた。大樹と琴希は高校時代、ある酷いことをした共犯だった。ある日琴希は同棲しようと大樹を誘ってきた。琴希はBL同人誌を作っているだけではなく、プロの小説家だった。瀧上渾身のエンタメ小説。

¥ 350

  1. 完結済み ( 2019 年 3 月 13 日 〜 2019 年 3 月 13 日 )
  2. 7 作品収録
  3. 95,104文字

Authors & Editors 執筆者・編集者

瀧上ルーシー

瀧上ルーシー 編集・執筆

長年、新人賞通らない系おっさんです。

How people say みんなの反応



4.5
1件の評価)


  1. 明るいことも、暗いことも、すべてが灰色で描かれているように感じました。赤も青も、黒も白もない世界で物語が語られてゆきます。

    それでいて、少し読みごたえのある、感じさせるところのある、読ませる力のある作品であることが、面白かったです。

    ストーリー的に陰惨な部類に属するのでそっち系が苦手な人は避けた方が無難かと思います。大丈夫なひとは、ぜひ。用事のない祝日の朝に読むのに向いていると思います。

    あと、作品に対してタイトルが軽すぎると感じました。

    Amazonレビュー

ログインしてレビュー

Works 掲載作一覧

  1. 1

    共犯 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 14,149文字

    大樹は郊外にある工場で軽作業に従事していた。 アルバイトを日々紹介する会社のパワフルを通して、交通費も出ない最低時給で仕事をしていた。今日はラインの前に立って流れてくる何枚か重ねてあるパンフレットをひたすら封筒の中に入れ […]

  2. 2

    ふたり 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 17,387文字

    大樹が部屋でゲームをしているうちに作ったのか、琴希が手作り風にラッピングされたチョコを持ってきた。今日はバレンタインデーだった。ラッピングを解くと星形やハート型のチョコがいくつも紙製の箱の中に入っていた。「食べて」と言う […]

  3. 3

    ルールブック 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 421文字

    出かける時はわたしに断りなさい。   無断外泊してはならない。   週に一度は一緒にお風呂に入る。   できるだけ一日一度は手料理を作ってくれる。   自分の部屋の掃除は大樹の仕事 […]

  4. 4

    おさななじみ 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 19,757文字

    近頃高島がつかまらない。琴希は希に飲むが、基本的に酔っ払いが嫌いなので大樹は外で飲むしかない。どうせ一人で酒を飲むなら賑やかなところの方がいいと思い、いつも使っている飲み屋から少し離れた立ち飲み屋に出かけた。 そこは椅子 […]

  5. 5

    高校時代 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 16,053文字

    先日委員長をやることに決まった加藤琴希という女子が収拾が付かない教室で気弱そうな声を張り上げている。 六月にやる運動会での役割分担を決めているのだ。応援団を希望する生徒ばかりで収拾が付かなくなっていた。何度か誰が応援団を […]

  6. 6

    君しか選べない 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 12,338文字

    今になって伊藤が現われて、菜奈子と一緒に琴希に監禁されるのは、川上がそう望んでいるからだろうか。現実逃避気味に大樹はそう思った。暇で気が狂いそうになるので、長い時間、自分と琴希が殺した川上のことを考えていた。それはそれで […]

  7. 7

    それから 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 14日前
    • 6,923文字

    琴希は精神科医から処方された薬を油断しているとわざと飲み忘れるので、朝昼晩と大樹が管理して飲ませた。入院する前に飲んでいた頓服は好きで飲んでいたが、今の薬は前よりさらに眠くなるから嫌だということらしい。 精神の病気で入院 […]

¥ 350

AmazonのKindleストアで購入できます。

この本を購入する

※ Kindle以外にもスマートフォンやPCの無料アプリで読めます。

Kindle for PC | Kindle for iOS | Kindle for Android