夜の狂戦士

加藤知也

266文字

夜の狂戦士

 

 

ロシアの首都は西馬込と誰が言うた

尊王攘夷を掲げたところで

ブリトニー・スピアーズでもなし

トップと襟足は短く、サイドは長めでお願いします

臓物の中の俺が咆える

カルチェラタンで運動会ですか?

朝はやっぱりパン食ですか?

乳輪にとらわれていては乳首は見えないということを

一体いつになったら理解するのかしら

この知能猿並みのシーモンキーちゃんは?

想像してごらん

こうしている間にも

劣化ウラン弾は次から次へと投下されているのよ

地獄の天使は二度と笑わないでしょう

お前には。お前にだけは

2013年8月28日公開

© 2013 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"夜の狂戦士"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る