ひとりディープスロート

加藤知也

241文字

ひとりディープスロート

 

 

心を小田原にして

ミッドナイトに唾を吐け

チキンのスパイシートマト煮は

初恋の味

そしてこの瞬間

男たちの挽歌へと変幻しようとしている

小仏トンネルは云った

「三つの勃起は情念です」

我等はその声に真摯に耳を傾け

ボラギノールA注入軟膏を塗布しなければなりません

東名高速道路東京インターチェンジよ

肛門を抱いて翔べ

泥の中から美しい蓮の花が咲く事を忘れないで

革命に熟寿司は付き物だ

サンタモニカより愛を込めて

さらば、昴!

2013年5月2日公開

© 2013 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"ひとりディープスロート"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る