蟻の戸渡り

加藤知也

179文字

蟻の戸渡り

 

 

山に埋めましょうよ

湾に沈めた方がいんじゃね?

妻と屯田兵

ひとつ布団の上でほたえる

その様を

襖越しに見つめる

黒く澱んだ目

下半身を丸出しにして

夢中で陰茎をしごき

口には

おぼろ昆布を咥えている

不具である

一般的に不具である

頬を伝う一筋の涙

次の瞬間

ぱん

冬の渇いた空に銃声が鳴り響き

月雲に隠れて暗転

2013年1月7日公開

© 2013 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"蟻の戸渡り"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る