人間

深淵(第2話)

松本惜露

319文字

原題をMonsterとし、訳を人間とする。

人間がいます。
そこに人間がいます。
人間は肉を食べ野菜を食べ
人の優しい心を食べます。
人間は優しい心をむしゃむしゃと
食べています。

その心の柔いところを
その心の真っ白いところを
その心の甘いところを
貪り、味わわず、食べ尽くします。

優しい心はかじり取られます。
まるかった心は歯型がついて
次第にちいさく、ちいさくなります。

人間は優しい心を食べるとき
マナーを忘れます。
意地汚く、お行儀悪く、手掴みで
ばり、ぼり、ばり、食べるのです。

最後まで、味わって食べることは
決してありません。

心の芯は、決しておいしくないからです。

食べ残しの心は
人間の歯の形が残って
とげとげしています。

とげとげ、とげとげ
とげとげしい心だけが残って
優しかった心は、もう残らないのでした。

2021年5月22日公開

作品集『深淵』最新話 (全2話)

© 2021 松本惜露

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

哲学 散文詩 自由詩

"人間"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る