潮を吹け

加藤知也

269文字

潮を吹け

 

 

もう、脳がゼリー状になって、辛くって

メソポタミア文明だけは勘弁してほしかったんです。正味の話

勝ち鬨? え? カチコミ?

わわわ、撃っちゃいました。間違えて

どうします?

四千ほど国内に流通させますか?

了解です。六千ですね

ではサロンの方には私から伝書鳩飛ばしときます

撲っ。又はbeaucoupっ

というのはマイケルがヘレンにとびっきり素敵な金属バットを

お見舞いした音

あああああ

どうしていつもこうなってしまうんだ?

里芋だ。お前は里芋だ

ぴぎいっ! げっ、げげっ、げげげ! 腸捻転っ!

2012年11月23日公開

© 2012 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"潮を吹け"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る