団地妻物語

加藤知也

210文字

団地妻物語

 

 

 

ショバ代を払えずに難民

親戚縁者を頼りに

六本木交差点を右折したりけり

どこまで行くの?

祖師ヶ谷大蔵よ

ワオ! よい一日を!

なんて問答繰り返しながら

四ブロックほど進むと

象の大群

乗りますか?

よろしくお願い申し上げます

つるつるの背中に跨りて

得意顔

拍手喝采を一身に受けるも

心移ろいやすく

やはり降ろしてくれませんか?

ダメです

兎角にむつかしい渡世

2012年11月11日公開

© 2012 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"団地妻物語"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る