感性の唸り

黒川祐希

253文字

詩です。作品の磨きには際限がありませんが、なぜか詩に限っては「この形じゃなきゃいやだ」と思う瞬間があります。

午後 優しい男の子が教えてくれる
秘密のパレードをみていた
夕方になって 男の子は泣いていた
私はそれもみていた

 

八百屋の爺さんが読売新聞
帰り道ではカレーの匂いがして
換気扇がそれをかき立てている
汗ばんだ手は意味を離した
私は低気圧の心配をしていた

 

緩んだ神経は空を仰いで
架空の物語を展開する
この街の別の姿と
私たちの今後について
朝焼けが闇を奪っていって
精神のありかは失われた

 

青いランドセルに反応する
夕暮れ時の反感と
相対する星の思い出
ときの流れは十代とは違う進み方をして
感性が少し唸っている

2021年4月9日公開

© 2021 黒川祐希

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"感性の唸り"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る